ウズウズカレッジ(UZUZ COLLEGE)の評判|CCNAコース

プログラミングスクール

ウズウズカレッジの「CCNAコース」は、プログラミングの経験がない人でも、CCNA認定試験に合格してインフラエンジニアを短期間で目指すことができるコースです。

この記事では、カリキュラムの内容や受講スタイル、就業サポートなどに加え、メリット、デメリットついて分かり易く紹介します。

また、ウズウズカレッジで実際に受講している受講生からの評判や口コミについても紹介します。

ウズウズカレッジの概要

ウズウズカレッジを運営する株式会社UZUZは、転職エージェントも運営しており、プログラミング学習だけでなく就業サポートにも定評があるプログラミングスクールです。

この記事では、ウズウズカレッジの「CCNAコース」に絞って紹介します。

スクール名称ウズウズカレッジ
運営会社株式会社UZUZ
住  所東京都新宿区西新宿
受講スタイル完全オンライン
習得スキルCCNA試験の出題分野スキル
受講期間1カ月~最大3ヵ月

ウズウズカレッジのメリットとデメリット

メリット

学習は「eラーニング型」だから、マイペースで学習できる。

  • 教材は、すべて動画化されており、演習も「eラーニング」のため、受講生の都合に合わせたオーダーメイド型学習が可能です。
  • 授業に受講生が合わせるのではなく、受講生の都合に合わせた学習スタイルを実現しています。
  • リアルタイムの授業ではないため、いつでも、どこでも、何度でも受講できます。

1on1で担任講師がつくから、挫折せずに学習ができる。

  • ウズウズカレッジでは、必ず担任講師がついて学習をサポートします。
  • 担任制を取ることで、受講生の学習能力に合わせた指導が受けられます。
  • 迅速な質問対応のため、講師は受講生の都合に合わせて、「平日の日中タイプ」と「平日の夜&休日タイプ」に分けて運用しています。

IT専門エージェントの就業サポートだから、就職成功率95%

  • ウズウズカレッジの運営会社は、就職エージェントも運営しているため、未経験からITエンジニアとして就職するためのノウハウを多く蓄積しています。
  • ウズウズカレッジでは、希望により専任のキャリアカウンセラーによる、求人紹介から入社まで、就業サポートが受けられます。

ウズウズカレッジの講師は「教育のプロ」が務めます。

  • 多くのスクールのように、スクール卒業生や現役エンジニアの講師ではなく、教えるスキルを磨きあげてきた人材を講師として採用しており、理解のしやすさが段違いです。
  • 教育のプロが作っているため、教材がわかりやすいことはもちろん、「調べるのもエンジニアの力」などと突き放されることもありません。

ウズウズカレッジの料金は、非常に安価です。

  • 「CCNAコース」は、198,000円(税込)で、メンタリングや就業サポートなど、全てのサービスが受けられます。

「無料特待プラン」が新設されました。

  • 応募条件を満たした方は、無料で受講できます。
    カウンセリングによる選考がありますが、応募条件に当てはまる方は応募してはいかがですか。

応募条件:

  • 就職(転職)目的でサービスを利用される方
  • 29歳以下の方
  • 大卒以上の方(大学中退を予定されている方は要相談)
  • 学習時間が十分に取れる方(目安:40時間/月)
  • 内定後2ヶ月以内に就職(転職)可能な方

デメリット

転職保証がありません。

転職保証がありませんが、専任のキャリアカウンセラーによる、求人紹介から入社まで、就業サポートが受けられ、就職の成功率は95%と高アベレージです。

ウズウズカレッジCCNAコースはこちら!

ウズウズカレッジの「CCNAコース」

コロナ禍 の影響により、数多くの業界の採用枠が減り、採用ハードルが上がっています。

ITエンジニアの求人も、先行きの不透明さから新規開発プロジェクトが減り、未経験者の採用ハードルが上がっています。

そんな中、景気の変動に左右されづらいのが、ITインフラの領域です。

しかし、ITインフラの領域でもインフラエンジニアの登竜門と言われるCCNA認定試験の取得が必要になるほど、選考ハードルが上がっています。

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアの業務は、ネットワークやサーバなど、ITサービスのための通信環境の構築やメインテナンスを行う仕事です。

この記事では、CCNA認定試験を取得してインフラエンジニアを目指す方に、「CCNAコース」について分かり易く紹介します。

「CCNAコース」の内容

CCNA認定試験は、インフラエンジニアの登竜門的資格で、ネットワーク機器関連の知識を証明できる資格として定着しています。

このCCNA認定試験は、世界最大のネットワーク機器メーカーである、アメリカのCisco System社による技術者認定資格です。

ウズウズカレッジの「CCNAコース」では、未経験者でも学習支援を通してCCNA認定試験に合格してインフラエンジニアを目指します。

また、ウズウズカレッジの「CCNAコース」は、職歴に自信の無い既卒・第二新卒・フリーターの方でも、スキルを身につけることで正社員就職を目指せる講座です。

「CCNAコース」の基本情報

学習内容:

CCNA認定試験に合格するための、出題分野である以下の6分野について学習します。

  • ネットワーク基礎
  • ネットワークアクセス
  • IPコネクティビティ
  • IPサービス
  • セキュリティ基礎
  • 自動化とプログラマビリテ

学習方式:

  • eラーニング
  • 個別講義(Zoom)
  • チャットサポート

受講料金: 198,000円(税込)

受講期間 : 1ヵ月~最大3ヵ月

就業サポート:  あり(無料)

  • ウズウズカレッジの「CCNAコース」を受講して就職する場合、目指す職種はインフラエンジニアのみに限られます。

CCNA認定試験の概要

CCNA認定試験は、試験日や試験会場の指定はありません、いつでも受験することができます。

  • 申し込み受付期間:随時
  • 試験日:祝日を除く、月~土曜日
  • 試験会場:全国に100カ所ほどあるピアソンVUE公認試験会場
  • 試験費用:36,960円(税込)
  • 出題形式:
    CBT(Computer-Based Testing)方式で、紙の問題用紙・解答用紙ではなく、コンピュータを用いて問題表示・解答入力を行う方式です。
    マウスで操作する選択問題や、キーボードで操作するシミュレーション問題などが出題されます。
  • 試験時間:120分

ウズウズカレッジCCNAコースはこちら!

転職・就職のサポート体制

プロのキャリアカウンセラーが専任で、求人紹介から入社まで就業サポートが行われます。

自己分析:

  • 業務経験、強み、弱み、性格、やりたいことなどを整理して実現可能な目標を明確にします。

計画作成:

  • 就職の目標を実現するための、準備の手順を作成します。

書類添削:

  • 履歴書、職務経歴書など、エントリー書類の添削を行い、自己アピールできる書き方の指導があります。

面接対策:

  • ロールプレイングや、基本となる面接技術などの指導が受けられます。

 

「CCNAコース」はこんな人にオススメ!

おすすめする人

  • CCNA技術者認定資格の取得を目指す方
  • 未経験からITエンジニア(ネットワーク、クラウド)を目指したい方
  • 今のキャリアに不安があり、手に職をつけて安定したいと思っている方
  • 将来性のある分野に転職して、市場価値を上げたいと思っている方
  • ものづくりやインターネット(IT)が好きな人
  • 正社員就職をしたいけど、なかなか上手くいっていない人

おすすめしない人

  • SI系エンジニア以外のITエンジニアを目指したい人

ウズウズカレッジの評判

気になる評判を紹介します。

CCNAコースの講座は実践的で分かり易いと評判です。

悪い評判

サンプル版の教材でしょうか?!

無料カウンセリング

ウズウズカレッジでは、スキルアップや転職を検討している方に向けて、「無料カウンセリング」が実施されています。

「無料カウンセリング」ではウズウズカレッジについての説明はもちろん、未経験からインフラエンジニアとしてキャリアチェンジする方法などについて説明を受けられます。

自分では見えなかった「気づき」があるかもしれません。

自分に合った学習方法を具体的にイメージするためにも、参加してみてはいかがですか。

ウズウズカレッジCCNAコースはこちら!

まとめ

いかがでしたか!

景気の変動に左右されづらいのが、ITインフラの領域ですが、このITインフラの領域でもCCNA認定試験の取得が必要になるほど、選考ハードルが上がっています。

ウズウズカレッジの「CCNAコース」は、プログラミングの経験がない人でも、CCNA認定試験に合格してインフラエンジニアを短期間で目指すことができるコースです。

ウズウズカレッジが気になる方は、ネット上の評判や口コミ情報も参考になりますが、ウズウズカレッジの「無料カウンセリング」への参加してみませんか。

自分に合った学習方法をイメージするためにも、よい機会です。

ウズウズカレッジCCNAコースはこちら!

この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。

プログラミングスクールの失敗しない選び方|12のチェックポイント
プログラミングスクールの失敗しない選び方として、 目的のプログラミング言語が学べるか、教材が最新のものか、講師が現役エンジニアか、などに加え、スクールの形態やメリット、デメリットなど、厳選した12のチェックポイントを分かり易く解説します。

コメント