tech boost(テックブースト)の評判・口コミや料金

プログラミング

tech boostの運営会社は、日経グロース(旧 マザーズ)上場の、エンジニア人材紹介エージェント BrandingEngineerが運営する転職に強いプログラミングスクールです。

現役のエンジニアからオーダーメイドカリキュラムで学ぶことができ、オリジナルアプリの作成を通して、実践的なスキルを習得できるのも強みです。

また、受講期間や学習コース、メンタリング回数など、プロのカウンセラーから最適なプランの提案があり、卒業後のキャリアを見据えたスキルを習得できるスクールです。

この記事では、tech boostの特徴や受講スタイルに加え、メリットやデメリット、他社比較、実際の受講者のリアルな評判や口コミについて紹介します。

名  称tech boost
運営会社株式会社 Branding Engineer
場  所東京都渋谷区渋谷
受講形態通学・オンライン
習得スキルHTML/CSS・Ruby/Ruby on Rails
PHP/Laravel/Java など
コースにより異なります。
受講期間3ヵ月・6ヵ月・12ヵ月

tech boostの公式ホームページ

スポンサーリンク

tech boostの特徴

目的に応じたコース・メンタリング回数の選択が可能!

学習コースやメンタリング回数、学習期間など、目標に応じた最適なプランが選択できます。

現役エンジニアが徹底的にサポート

tech boostは、現役エンジニア100%!
週1回のメンタリングや質問などを通じてサポートが受けられます。

充実のキャリアサポート

tech boostの運営会社であるBranding Engineerがエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しており、卒業後もキャリアサポートを受けられます。

オリジナルアプリを「ゼロ」から作れる

オリジナルアプリの作成を通して、業務で必要な力を身に付けることができます。

オリジナルアプリはポートフォリオとしても使用することができ、技術力の証明になるため、転職時に非常に有利に働きます。

tech boost の学習コース

tech boost には「スタンダードコース」と「ブーストコース」があり、目的に合わせて学習コースを選択することができます。

※AIコースが新設されましたので近日中に紹介記事を作成いたします。

スタンダードコース

体系的にプログラミングの基礎を身に付けることができるので、教養としてプログラミングを学びたい方に おすすめのコースです。

個別のカリキュラムに沿って、ログイン機能や投稿機能など一般的なサイトにある機能を持ったWebアプリケーションを作成していきます。

習得できるスキル:HTML/CSS/IT基礎知識

Web系の開発に必要な言語やプログラミングの基礎を学びます。

具体的には、画面作りに必要なHTMLとCSS、実装するためのRubyかPHPのどちらかのプログラミング言語を学びます。
※Javaは選択できません。

また、Webアプリケーションを一つ開発します。

ブーストコース

1から考える実践的な開発経験で応用的な知識を身に付け、Webエンジニアとして転職・就職したい人に おすすめのコースです。

自分自身でアイデアを出して要件定義を行ない、オリジナルWebアプリケーションを作成します。

ポートフォリオとしても使用できるため、Web エンジニアやフリーランスを目指している人におすすめします。

習得できるスキル:HTML/CSS/IT基礎知識

Web系の開発に必要な言語やプログラミングを学びます。

具体的には、実装するためのRuby・PHP・Java のいずれかを選択します。

要件定義・ユーザー定義など0からオリジナルWebアプリケーション開発。

tech boostの公式ホームページ

学習するプログラミング言語を選ぶポイント

首都圏でWebエンジニアとして就職を目指すのであればRuby・PHP・Java のどちらでも特に問題はありません。

ただし、地方でWebエンジニアとして就職を目指すのであればPHPかJava の選択をおすすめします。

〈 理 由 〉

Rubyはスタートアップ企業やRails企業に人気が高く、就職先もスタートアップ企業やRails企業になる傾向があります。

ただし、Rubyを扱う企業は首都圏にほぼ限られるため、地方に就職を考えている人にはおすすめできません。

地方に就職を考えている人にはPHPやJavaの選択をおすすめします。

PHPやJavaは歴史も長く案件が多いので地方でエンジニアを目指すには最適な言語です。

受講期間

3ヶ月/6ヶ月/12ヶ月から選択できます。

それぞれの1日の学習時間に合わせた受講期間の選択ができます。

また1ヶ月ごとに延長も可能なので、受講期間内に終わらなかった場合でも月額料金のみで満足いくまで学習を続けることができます。

tech boostの受講料金

tech boostの特徴の一つに受講料金の安さがあります。

  • 基本受講期間は3ヵ月・6カ月・12ヵ月から選択できます。
コ ー ススタンダード
コース
ブースト
コース
入 学 金126,500円219,780円
408,320円(Java)
基本月額料金32,780円/月
メンタリング

4回/月
34,760円/月

6回/月
52,140円/月

8回/月
69,520円/月

教室利用料金
22,000円/月

※教室は渋谷校のみになります。
※料金は税込価格です。
※料金は変更になる場合もありますので公式HPにて最終確認を行って下さい。

tech boostの公式ホームページ

tech boost の学習の流れ

1、カウンセラーによるカウンセリングとオーダーメイドカリキュラムの作成

2、カリキュラムに沿って自主学習

  • 疑問点はオンラインで講師に何回でも質問でき、質問回数は無制限

3、週1回の現役エンジニアの担当メンターとのメンタリング

一般的な学習の流れ

カウンセリングで自分が目指す目標を達成するために、必要なスキル・知識を獲得するための学習プランの提案があります。

1、カウンセリングは、こんなヒアリングから始まります。

  • 受講生のプログラミング歴
  • プログラミンを学んで何をしたいのか?
  • エンジニア転職をしたいのか?
  • Webアプリを作りたいのか?
  • 副業をしたいのか?
  • AIを学びたいのか?

こんな具合です。

2、ヒアリングの情報をもとにオリジナルの学習カリキュラムが作成されます。

  • 目標から学習すべき知識、スキルのロードマップが提示されます。
    ここで何を学べばよいのかが明確になります。

3、目的に合わせて学ぶべきプログラミング言語を選択します。

  • カリキュラムは「ベーシックターム」「ディベロップターム」「イノベーティブターム」の3段階の構成となります。

ベーシックターム 6週間

簡単なWebアプリの開発でWebサービス開発の基礎を学習します。

アプリを開発しながらRuby / Ruby on RailsまたはPHP / Laravelの基礎を学びます。

ディベロップターム 4週間

オリジナルWebアプリの開発

ベーシックタームで学んだことをベースに講師と相談しながらアプリを企画・開発していきます。

イノベーティブターム 2週間

ブロックチェーン・AI・IoTから一つ基礎知識を学習します。

メンタリングとは

受講生に合わせてマッチングした現役エンジニアのメンターから、1回1時間の学習サポートを受けられます。

メンタリングの必要度合いに応じて回数(4回/月・6回/月・8回/月)を選びます。
※メンタリングの回数により費用が別途必要になります。

学習面では、学習の進捗確認や、技術指導、受講生の気づかなかった課題の提案や、作りたい物に対してのアイディアが提案されます。

転職・就職サポート

キャリアアドバイザーから履歴書、経歴書の添削や面接練習など、転職・就職のサポートが受けられます。

運営会社の「Branding Engineer」が展開する、エンジニア転職支援サービス「Tech Stars」や独立支援サービス「Midworks」に所属するエージェントが蓄積した知見を活かしたキャリア・サポートが受けられます。

ここで、特筆なのが卒業後のキャリアサポートが無料で利用できることです。

tech boostの公式ホームページ

tech boostのメリット・デメリット

メリット

1、受講生一人ひとりに合ったオーダーメイドのカリキュラムで学習ができる。

2、1人ひとりに担当のメンターが付き、学習の進捗管理までサポートが受けられる。

3、学習で悩んだらすぐに質問できる体制がある。

  • 平 日 1 0 ~ 2 2 時 (土日 1 3 ~ 1 9 時 )の長時間の対応体制が整っている。
  • チャット形式の質問投稿が、24時間投稿が可能。
  • ビデオ通話でのオンラインサポートが受けられる。

4、転職・就職のサポートが充実している。

  • 運営会社がエンジニア転職のエージェントなど、人材紹介サービスを運営しており、質の高いサポートが受けられる。
  • 卒業後のキャリアサポートが無料で利用できる。

5、月に一度、卒業生と受講生が参加する交流会があり情報交換や人脈もつくれる。

6、コースにより、ブロックチェーン・AI・IoTの基礎を学ぶことができる。

デメリット

  • デメリットは、特にありません。

コーヒーブレイク!

あなたはMac派? それともWindows派?

ノートパソコンの占有率を見ると、Macが9%程度でWindowsが88%程度と圧倒的にWindowsが多数派です。

ところが、ITエンジニアに限るとMac愛用者のほうが多いようです!

理由は色々ありますが、MacにするかWindowsにするかは、プログラミングを行う環境を何にするか、何を作りたいかで違ってきます。

プログラマーやクリエイターを目指すのであれば、価格はそれなりにしますがMacをおすすめします。

ここでM2チップを搭載したMacの新商品が発売されましたので併せて紹介します。

MacBook Air Liquid Retina 13.6 MLY33J/A

2022年7月発売

次世代のM2チップに合わせて、デザインも性能も一新!

新しいMacBook Airは、薄くて頑丈なオールアルミニウムのボディ採用と電力効率が向上しました。

よりパワフルな8コアCPUと最大10コアのGPUで、高速なビデオ編集のパフォーマンスは、M1搭載MacBook Air 比 1.4倍!

さらに多くの4Kまたは8KのProResビデオストリームが編集可能になりました。

また、バッテリーは最大18時間使えるパワフル設計のノートPCです。

主な仕様

CPU Apple M2チップ・メモリ8GB・SSD 256GB・MacBook Air Liquid Retinaディスプレイ 13.6 インチ・重量:1.24kg

価格:15万円台(税込)~

MacBook Air 13.3 MGN93J/A

2020年11月発売

AppleがMacのために初めて設計したチップがM1です。

M1の8コアCPUと7コアGPUは、フレームレートを低下させずに最高品質を持つ複数の4Kビデオストリームを作成・編集したり、なめらかに再生することができます。

新商品のMacBook Air(M2チップ)まで必要のない方には、おすすめのノートPCです。

主な仕様

CPU Apple M1チップ・メモリ8GB・SSD 256GB・13.3型Retinaディスプレイ・重量:1.29kg

価格:11万円台(税込)~

MacBook Pro Liquid Retina XDR 14.2 MKGP3J/A

2021年10月発売

新しいMacBook Proは、CPUが「M1 Pro」または「M1 Max」から選択できます。

M1 ProとM1 Maxは、画期的なM1アーキテクチャを新しい高みに引き上げ、プロ向けノートPCに初めてシステムオンチップ(SoC)アーキテクチャを採用しました。

どちらも従来のM1チップと比べて一段と多くのCPUコアや、多くのGPUコア、大きなユニファイドメモリが搭載されパワーアップしました。

M1 Pro:10コアのCPU・最大16コアのGPU・最大32GBのユニファイドメモリ・最大200GB/sのメモリ帯域幅

M1 Max:10コアCPU・最大32コアのGPU・最大64GBのユニファイドメモリ・最大400GB/sのメモリ帯域幅

また、最大17時間駆動できるバッテリーを搭載!

主な仕様

CPU Apple 「M1 Pro」又は「M1 Max」・メモリ16GB・SSD 512GB・Liquid Retina XDRディスプレイ14インチモデル ・重量:1.6kg

価格:23万円台(税込)~

他に、16インチモデル「MacBook Pro Liquid Retina XDR 16.2 MK1E3J/A」
(2021年10月発売)があります。

「Mac」にするか「Windows」にするかノートPCの選び方を、別記事にしましたので以下よりご覧ください。

WindowsとMacのどちらを選べばいいの|プログラミング初心者向け

tech boostの評判

ここで気になるtech boostの評判を紹介します。

無料説明会の感想


受講1ヵ月目の感想

講師が現役のエンジニアから、Web業界の現場での仕事の進め方など、生きた情報を得られるのも大きなメリットです。

独学では得られない効率的な学習

独学に比べてモチベーションが保てる要素として、質問に対する回答のスピード感やメンターの対応力、同期の仲間との情報交換が挙げられます。

先輩受講生の質問事例の閲覧により、効率的に学習ができるのもtech boostのメリットです。

定期的なmeet upの開催

tech boostでは定期的なmeet upにより受講生の情報交換だけでなく、モチベーションの維持・向上が図られています。

自分の作成したポートフォリオを検証するため、仲間の作成したポートフォリオと比較・検討できる場が持てるのは大変意味のあることです。

内定の報告

tech boostの公式ホームページ

tech boostはこんな人にオススメ!

おすすめする人

  • Webエンジニアとして就職したい人
  • Webサービスを開発して起業したい人
  • Webエンジニアを目指したい人
  • 実践的なWebプログラミングスキルを身に着けたい人
  • 第2新卒でキャリアチェンジを考えている人
  • エンジニアにキャリアチェンジを考えている人
  • Webサービス開発で副業を始めたい人

tech boostと他社比較

この記事では「tech boost」と競合する「RUNTEQ」と「POTEPAN CAMP」の2社を比較しました。

記事の構成は、各スクールの概要に続けて、詳細を項目別に一覧にまとめました。

RUNTEQ

RUNTEQは、Webエンジニアとして自走できるスキルを身につけられるRuby on Railsに特化したプログラミングスクールです。

また、実践的なカリキュラムで開発現場が求めるレベルに到達できる、Webエンジニア養成スクールです。

RUNTEQの公式ホームページ

POTEPAN CAMP

POTEPAN CAMPは、Web系開発現場で通用するスキルを、徹底したアプリ開発により習得できるプログラミングスクールです。

また、実践的でわかりやすいカリキュラムと適切な学習サポートで効率的に学習できるのも魅力のスクールです。

POTEPAN CAMPの公式ホームページ

tech boostとの他社比較一覧表

※パソコンでは一覧表の下部にある横スクロールバーでスクロールできます。

tech boostRUNTEQPOTEPAN CAMP
特  長・目的に合わせて学習スタイルを選択することができる。
・現役エンジニアによる挫折させないサポート体制
・充実したキャリアサポート
・圧倒的な学習量800〜1,000時間
・完全オリジナルのポートフォリオ作成サポート
・困った時に何でも相談できるバディ制度
・キャリアアドバイザーによる就職サポート
・Web系開発企業への転職に強い、内定率は100%
・現場が認める約1,000回の改良を重ねた専用カリキュラム
・経験豊富なエンジニアのレビューで活きたスキルを習得
・卒業生限定の求人紹介で93%がポテパン提携企業に内定
・エンジニア転職を成功させる実績豊富な学習サポートを提供
学習スタイル通学・オンラインオンラインオンライン
学習コース・ブーストコース
・スタンダードコース
・AIコース
・Webマスターコース
・Railsマスターコース
・Railsエンジニアコース
・Railsキャリアコース
・Webアプリケーションコース
学習スキルHTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/PHP/Laravel/Pythonなど
※コースにより異なります。
HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/API/Vue.jsなど
※コースにより異なります。
HTML/CSS/JavaScript/Ruby/Ruby on Rails/Docker/Git/Rspecなど
※コースにより異なります。
受講期間3ヵ月~12ヵ月
※コースにより異なります
3ヵ月~9ヵ月
※コースにより異なります
2ヵ月~5ヵ月
※コースにより異なります
対応時間平日 10:00 ~ 22:00
土日 10:00 ~ 19:00
平日 11:00 ~ 22:00
土日 10:00 ~ 18:00
(水・祝休み)
10:00~23:00
価格帯(税込)329,120円~1,711,380円
※コースにより異なります
327,800円~437,800円
※コースにより異なります
220,000円~440,000円
※コースにより異なります
転職サポート履歴書、経歴書の添削や面接練習など
(ブーストコース)
自己分析
ポートフォリオ作成サポート
模擬面接
会社探しサポート・提携企業の紹介
書類添削
履歴書・職務経歴書の作成、キャリアカウンセリング、
面接対策をサポート
ポートフォリオ作成
(Railsキャリアコース)
転職成功率非公開非公開100%
Railsキャリアコース
転職保証対象コースはありません。対象コースはありません。Railsキャリアコース転職できない場合は受講料を全額返金
※全額返金には規定による条件があります。
国の給付金対象コースはありません。対象コースはありません。対象コースはありません。
オリジナルサービス開発オリジナルサービス開発
※全てのコースが該当するわけではありません。
完全オリジナルのポートフォリオ作成サポートオリジナルサービス開発
ポートフォリオ作成
※全てのコースが該当するわけではありません。
紹介記事紹介記事を見る紹介記事を見る

※料金は変更になる場合もありますので公式HPにて最終確認を行って下さい。

無料説明会について

「無料説明会」では、一人ひとりの目的に応じたコース・オプションの提案や未経験からエンジニアとしてキャリアチェンジする方法、学習計画のコンサルティングが受けられます。

自分では見えなかった「気づき」があるかもしれません。

将来設計の一助になりますので参加してみませんか。

無料説明会のメリット

  • プログラミング言語の選定や進路について相談ができる
    自分の目指す目標に合った言語の選び方や、卒業後の進路につて相談ができます。
  • スクールへの疑問点が解消できる
    疑問に思っていることをスクールに直接聞ける良い機会です。
    自分の思っている疑問や不安が解消できます。
  • スクールが自分に合うかを見極められる
    評判の良いスクールでも、あなたに合うかは別の話です。
    実際にスクールの担当者から話しを聞くことで見えてくる部分があります。
    「無料説明会」でスクールの雰囲気や自身との相性を見極めることができます。
  • IT業界のことが見えてくる
    エンジニア業界を知るためにも「無料説明会」は良い機会になります。

tech boostの公式ホームページ

よくある質問

未経験でも大丈夫ですか?

大丈夫です。
tech boostで学習されている方の9割以上が未経験の方です。カリキュラムは初めてプログラミングに触れる方向けに作成していますので、ご安心下さい。また、メンターも教えることに慣れている方を集めていますので、ご安心ください。

エンジニアの転職支援、独立支援などは行なっていますか?

はい、もちろん支援を行なっております。
運営会社である株式会社Branding Engineerが展開する、エンジニア転職支援サービス「TechStars」、独立支援サービス「Midworks」に所属するプロのエージェントが転職・独立を手厚くサポートします。

未経験からでも転職できますか?

できます。
転職に必要なポートフォリオ作成のサポートはもちろん、転職活動への手厚いサポートがありますのでご安心ください。

教えてくれるメンターさんはどのような方々ですか?

現役エンジニアのメンターが教えてくれます。
大学生、卒業生、講師専属の社員はおりません。フリーランスの方が多いと思っていただければと思います。中には正社員かつ副業の方もいらっしゃいます。

卒業から何ヶ月ぐらいで転職できますか?

一般的な転職期間は3ヶ月となります。
日中に多く面接に行ける方は、それよりも短い期間で転職できる可能性が高くなります。

まとめ

いかがでしたか!

tech boostではWebエンジニアを目指したい人やWebサービスを開発したい人など、Web系の開発に必要なプログラミング言語やスキルを学習します。

また、tech boostは現役エンジニアからオーダーメイドカリキュラムで実践的なスキルを学べるプログラミングスクールです。

ネット上の評判や口コミ情報も参考になりますが、tech boost のカウンセラーと直接話ができる「無料説明会」へ参加してみませんか。

自分に合った学習方法を具体的にイメージするための良い機会になります。

tech boostの公式ホームページ

この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント