国の給付金・助成金が利用できるプログラミングスクール8選

プログラミングスクール

皆さん! 受講料の70%(最大56万円)が給付される国の給付制度を知ってますか?

未経験者がプログラマーを目指してプログラミングスクールの受講を検討する中で、気になるのが高額な受講料ではないでしょうか。

そこで紹介するのが国が支援する給付金を活用してプログラミングスクールを受講する方法です。

国の教育訓練給付制度には次の3つの種類があります。

  • 一般教育訓練給付金(受講料の20%・給付金の上限10万円)
  • 特定一般教育訓練給付金(受講料の40%・給付金の上限20万円)
  • 専門実践教育訓練給付金(受講料の最大70%・給付金の上限56万円)

この記事では、一定期間の雇用保険に加入しているなどの給付条件があるものの最も給付金額の大きい「専門実践教育訓練給付金」の受給方法について紹介します。

具体的には、プログラミングを勉強するために、経済産業省の「第4次産業革命スキル習得講座」に認定された講座を受講して「専門実践教育訓練給付金」を受給することです。

この制度を活用すれば、受講料の最大70%(給付金の上限56万円)が国から受給できます。

国の教育訓練給付制度について

経済産業省の「第4次産業革命スキル習得講座」に認定された講座を受講して「専門実践教育訓練給付金」を受給する方法を紹介します。

第4次産業革命スキル習得講座について

「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」は、IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。

引用元:経済産業省

<https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/reskillprograms/index.html>

要約すると、この制度はIT等の将来成長が見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人のキャリアアップを図る教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。

第四次産業革命スキル習得講座認定制度(METI/経済産業省)

専門実践教育訓練給付金について

働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです。

また、初めて専門実践教育訓練(通信制、夜間制を除く)を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合に訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。

引用元:厚生労働省

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html>

こちらも要約すると、働く方のキャリヤ形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図るため、教育訓練受講に支払った費用の一部を支給する制度です。

『第四次産業革命スキル習得講座認定制度』を認定するのは経済産業大臣ですが、給付金の受給は厚生労働省管轄の雇用保険からとなります。

具体的には「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」の認定講座を受講終了した受講費用の最大で70%を受給できる制度です。

給付金は最大で56万円の上限があります。

教育訓練給付制度
教育訓練給付制度について紹介しています。

 

専門実践教育訓練給付金を受給できる条件

初めて受給する場合

受講開始までに通算2年以上の雇用保険に加入していること。

在籍中、または離職後1年以内であること。

参照先:厚生労働省

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html>

2回目以降受給の場合

前回の受講開始日から次の受講開始日まで通算3年以上、雇用保険に加入していること。

受講終了後1ヶ月以内にハローワークに受給申請を行うと受講費用の50%の給付を受けられます。

また、受講修了後、1年以内に被保険者として雇用された場合、申請を行うと更に追加で受講費用の20%の給付を受けられます。

参照先:厚生労働省

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html>

※上記の記載内容は厚生労働省、教育訓練給付制度を要約したものであり、正確性を期すため詳細はハローワークへお問い合わせ下さい。

受給までの手続きの流れ

  • 専門実践教育訓練給付金の受給資格があるかを確認して下さい。
    ※ご自身で判断できない場合は、ハローワークに受給要件照会を行って下さい。
  • ハローワークで、キャリアコンサルティングを受け、ジョブカードの交付を受けて下さい。
  • 教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認票、ジョブカード、その他必要書類を受講開始1ヵ月前までにハローワークに提出して下さい。
  • 受講を開始
  • 受講が無事終了すると、受講したプログラミングスクールから受講修了証が発行されます。
  • 受講したプログラミングスクールより給付金支給申請書類一式を受け取って下さい。
  • 受講終了後1ヵ月以内に、ハローワークに受給申請を行って下さい。

専門実践教育訓練給付金の受給には、受講生ご本人によるハローワークでの手続きが必要です。

 

「専門実践教育訓練給付金」認定スクール

受給が可能なプログラミングスクールと認定講座を紹介します。

「第四次産業革命スキル習得講座」(通称Re:スキル講座)に認定されているプログラミングスクールでも全てのコースや講座が認定の対象ではありませんので注意して下さい。

また、コースや講座の認定は2021年9月時点で確認したものです。

「専門実践教育訓練給付金」認定スクールの概要

「専門実践教育訓練給付金」の給付対象スクールの概要について簡単に紹介します。

DIVE INTO CODE

機械学習エンジニアコース

機械学習エンジニアコースは、4ヶ月で自立自走できる機械学習エンジニアになることを目的としたプログラムです。

 

 

DIVE INTO CODE の評判・口コミとメリット
DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)はチーム開発の体験や実践的な知識やスキルを持った人材育成を行うプログラミングスクールです。この記事ではカリキュラム内容や評判・口コミとメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

Aidemy Premium Plan

AIアプリ開発講座

画像認識を利用した機械学習を用いたWebサービスを作成する講座です。

データ分析講座

データの自動取得(スクレイピング)から、機械学習、時系列解析等を学びます。

自然言語処理講座

機械学習、ディープラーニング、自然言語処理を学びます。

 

 

Aidemy Premium Planの評判・口コミとメリット
Aidemy Premium PlanはAI学習プラットフォームによる初心者でも始められるPython特化型のプログラミングスクールです。この記事では、Aidemy Premium Planの評判や口コミと特徴やメリットについて紹介します。

DMM WEBCAMP

専門技術コース

フルタイムのコミット型学習で最短3ヶ月でエンジニア転職を目指す講座です。

 

 

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミとメリット
DMM WEBCAMPはチーム開発など実践的な知識や技術を総合的に学ぶことができるプログラミングスクールです。この記事では受講生からの評判や口コミに加え、カリキュラムの特徴やメリット・デメリットについて最新の情報を紹介します。

データミックス( DataMix )

データサイエンティスト育成コース

「データサイエンティスト育成コース」はデータ分析のプロフェッショナルである「データサイエンティスト」を育成するコースです。

 

データミックス(DataMix)評判|データサイエンティストに挑戦
データミックスはデータ分析のプロフェッショナルである「データサイエンティスト」を育成するスクールです。講座では統計解析やITのスキルに加え、ビジネスや市場トレンドなどを学習します。この記事では講座について特徴や評判を詳しく紹介します。

テックアカデミー

データサイエンスコース

Pythonを使って様々なモデルを構築し、データ分析を行うプログラムです。

  • 統計学の基礎やPythonで実際に分析する方法まで習得することができます。

 

 

TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミとメリット
テックアカデミー は現役エンジニアから学べる完全オンラインのプログラミングスクールです。この記事では、TechAcademyの評判・口コミやオリジナル・サービス開発、メンタリングサポートや無料体験、受講料金の割引方法について紹介します。

AIジョブカレ

未経験からAI ・データ分析の知識を学び、実際に社会でAI 開発・実装、データ分析を担える⼈材を育成するために必要な知識・スキルを学ぶことができるスクールです。

対象講座
  • 機械学習講座 + ディープラーニング講座
  • 機械学習講座 + 統計R講座

講師は現役のAI エンジニア・データサイエンティストが担当しており、概論のみならず実務に直結する知識をつけることが可能です。

 

 

TECH CAMP「エンジニア転職」

「エンジニア転職」コースはRuby/Ruby on Railsに特化したWebエンジニアとして転職・就職を目指すコースです。

未経験からエンジニアスキルを身につけることを目指す短期集中プログラムです。

学習する内容は、プログラミングスキル習得に集中してますが、ビジネススキルやマインドセットも転職活動や独立後に使えるレベルまで学びます。

 

TECH CAMP(テックキャンプ)の評判・口コミとメリット
TECH CAMP(テッキャンプ)は受講生を挫折させない工夫が豊富なプログラミングスクールです。この記事ではTECH CAMPの評判・口コミやカリキュラムの特徴など基本情報やメリット・デメリットについて最新の情報を紹介します。

キカガク

AI人材育成長期コース

画像・自然言語のAIモデル構築や、AI搭載のWebアプリケーション開発を最短最速で学べる講座です。

まとめ

いかがでしたか。

プログラミングの勉強をしたいと考える方も多くいらっしゃると思います。

プログラミングスクールや講座受講には受講料が高額なため、なかなか踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

雇用保険への加入などの一定の条件はありますが、これからプログラミングスクールで受講を計画している方は、活用されることをおすすめします。

別記事で一般教育訓練給付金(受講料の20%・給付金の上限10万円)を紹介していますので以下にリンクを貼りました。

プログラミングスクールで利用できる国の給付金・助成金
プログラミングスクールの受講で利用できる国の給付制度に一般教育訓練給付制度があります。一定の条件を満たした方が支払った学費のうち20%(最大10万円)が給付される制度です。この記事では、一般教育訓練給付制度の紹介と受給方法を詳しく解説します。

この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント