失敗しないセキュリティソフトの選び方|おすすめウイルス対策ソフト5選

パソコン

パソコンを使う上で、セキュリティソフトは必要でしょうか ⁈

巷には、Macはセキュリティ機能が強いから必要ないとか、Windows10以降ではWindows Defenderと言う強力なセキュリティ機能が標準で搭載されているから安心などの声を耳にすることがあります。

それって、本当でしょうか?

答えは、NOです!

Macは、そもそも市場規模が小さく、ウイルスの存在が少ないためで、Windowsに比べて、Macのセキュリティ機能が特別に強い訳ではありません。

また、Windows10以降のWindows Defenderは、ファイヤーウォールなど世界トップクラスの性能を誇りますが、個人情報保護や迷惑メール対策、ランサムウェア防御などの機能はありません。

したがって、Netにパソコンを接続して使う場合には、常にウイルスなどの外部脅威にさらされるため総合的なセキュリティソフトの導入を行うなどの対策が必須となります。

また、市販のセキュリティソフトは適時アップデートされ、新たなウイルスに対処するスピードが速いなどのWindows Defenderにはないメリットがあります。

セキュリティソフトの機能

ここで、改めてセキュリティソフトの機能を紹介します。

  • パソコンやスマートフォンなどをウイルスやスパイウェアから守る
    パソコンやスマートフォンに害を及ぼすウイルスの侵入防止や駆除!
  • Netからの攻撃や不正なアクセスをブロックする
    セキュリティソフトに組み込まれたファイアウォールにより、パソコンやスマートフォンを監視して、外部からの攻撃や不正なアクセスをブロック!
  • 迷惑メールの除去など
    迷惑メールなどのスパムメールには、フィッシングメールが含まれることもあり、個人情報を盗むなど悪質なものもあります。
    セキュリティソフトには、迷惑メールを検出して振り分ける機能を持ったものもあります。
  • フィッシング詐欺対策
    フィッシングとは、銀行やショッピングサイトを装ったメールを送り、パスワードなどを盗み取ろうとするものです。
    フィッシング詐欺のデータベースを基に、フィッシングメールを検出してブロックします。
  • 個人情報保護
    クレジットカードや電話番号などの個人情報が外部に漏れるのを防止します。
  • パソコンのチューンナップ
    パソコンの動作スピードを簡単な操作で改善する機能を搭載したセキュリティソフトがあります。
  • 有害サイト規制
    子どもに見せたくないサイトをブロックして、サイトを非表示にします。

ウイルス対策の現状

Windows

Windowsは市場規模が大きいだけに、その裏返しでウイルスもMacに比べて多数確認されています。

それだけにセキュリティソフトの種類も多く、各社が機能を競っています。

Mac

Macにはウイルスは存在せず、Macにはセキュリティソフトは不要だと言われていたのは過去の話です。

Macはシェアが拡大傾向にあり、Macを狙ったウイルスも増えており、セキュリティ対策の必要性が高まっています。

セキュリティソフトの選び方

セキュリティソフトの選定については「ウイルスの検出能力の高さ」に加え、「動作の軽さ」や「サポート体制」など基本的なことから「使用期限」や「販売価格」など多岐に渡ります。

ウイルスの検出能力の高さで選ぶ

セキュリティソフトを選ぶポイントは何と言っても、ウイルスの検出能力の高さです。

セキュリティソフトの検出能力とは、セキュリティソフトがどれだけウイルスを検出できるかを評価したものです。

評価機関としては、独立した第三者機関の「AV-Comparatives.org(オーストリア)」や「AV-Test.org(ドイツ)」などが有名です。

この記事では「AV-Comparatives.org」の2022年3月の実績データーを参考に、ウイルスの検出能力や販売価格との兼ね合いから順位付けを行いました。

「AV-Comparatives.org」のランク付けは「☆3つ」が最高ランクで表示され、日本で有名なセキュリティソフトでは、ZEROスーパーセキュリティ(Bitdefender)・マカフィー・ノートンが「☆3つ」にランクインしています。

動作の軽さで選ぶ

セキュリティソフトが重いとパソコンやサーバに負荷がかかり、動作が重くなってしまうこともあるため、軽さについても確認する必要があります。

動作の軽さの評価についても「AV-Comparatives.org」のサイトで確認できます。

サポート体制で選ぶ

セキュリティソフトの動作が不安定になったりした場合の問い合わせ先や、サポート体制について確認することも大切です。

日本国内で販売されているセキュリティソフトは、海外で開発されているものが多く、サポートの窓口が、日本にあり日本語対応がしっかりしていることが重要です。

サポート体制がメールだけで電話での対応はしてないなど、メーカーによって体制にバラツキがあるので注意が必要です。

販売価格で選ぶ

セキュリティーソフト選びには、販売価格にも注目!

販売価格で選ぶ場合には、ウイルスなどの検出能力や防御力に加え、使用期間にも注目するのも重要です。

セキュリティーソフトには使用期間が1年ごとの製品や、3年や5年ごとの製品などもあります。

また、一度購入をしたら更新費用がかからないセキュリティソフトもあります。

他に、複数台数にインストールできるタイプのセキュリティーソフトもあり、複数のパソコンで利用をする場合には割安になることもあります。

パッケージ版とダウンロード版の違いで選ぶ

パッケージ版

パッケージ版は、ダウンロード版と比べて若干、販売価格が高くなります。

ただし、インストール用のディスクとパッケージが手元にあるため、簡単な取扱い説明やシリアルナンバーなどを、すぐに確認することができて便利な面もあります。

ダウンロード版

Net環境があれば、必要なときにすぐに購入できるのがメリットです。

また、パッケージ版に比べると販売価格が若干、安くなります。

無料体験版で試して見る

セキュリティソフトの使い勝手を試して見たい方は、無料体験版や期間限定の返金保証があるメーカーもあるので利用してみるのも良いでしょう。

  • ESET:30日間 無料体験版
  • マカフィー:90日間 無料体験版
  • ウイルスバスター:90日間 無料体験版
  • ノートン:60日間 返金保証
  • ZEROスーパーセキュリティー:30日間 返金保証

セキュリティーソフト導入の注意点

セキュリティーソフトの導入には、2つの注意点があります。

ウイルスを100%防げるソフトはありません

ウイルスを100%防げるソフトは無いので過信は禁物です。

セキュリティソフトを導入したからと言っても万全ではありません。

セキュリティーソフトを導入するとウイルスの心配はないと安心しがちですが、100%ウイルスを防げるセキュリティーソフトは残念ながら存在しません。

一番の防御は怪しいアプリやソフトには、むやみにアクセスしないことです。

セキュリティーソフトを複数インストールしない

今使っているセキュリティーソフトに不安があるなど、複数のセキュリティーソフトを導入したくなることもあると思います。

しかし、複数のセキュリティーソフトをインストールすると互いのセキュリティーソフトが干渉しあい、誤動作の原因になる場合があります。

新たに、セキュリティーソフトをインストールする場合には、必ず今まで使用していたセキュリティーソフトはアンインストール(削除)する必要があります。

おすすめセキュリティソフトの紹介

ここで紹介するセキュリティソフトは、先にも述べたとおり、ウイルスの検出能力と使用期限や販売価格との兼ね合いから、おすすめする順位をつけて紹介します。

したがって、市場での販売シェアとは異なった評価となっています。

1位:「ZERO スーパーセキュリティ」

販売元:ソースネクスト(SOURCENEXT)

ZEROスーパーセキュリティ

特 徴

ZEROスーパーセキュリティはウイルスの検出能力や防御力が世界トップクラスと軽さが売りのセキュリティソフトです。

第三者機関の「AV-Comparatives.org」の性能試験で7年連続最高スコアを記録している「Bitdefender Internet Security」のエンジンを搭載しています。

他に、ZEROスーパーセキュリティの特徴として、まだデータベースにない「未知のウイルス」を防ぐ「ふるまい検知」により外部脅威をブロックする機能があります。

また、ZEROスーパーセキュリティは、使用期限の設定がなく更新料は0円で、一度インストールしたパソコンで無期限に使えて期限切れの心配がありません。

ただし、最初にインストールしたパソコンに限られ、買い替えなどで別のパソコンに引き継ぐことはできません。

販売価格

ダウンロード版:1台用3,900円(税込) 3台用5,900円(税込)
パッケージ版 :1台用4,290円(税込) 3台用6,490円(税込)

ZEROスーパーセキュリティの詳細は、以下のページでご覧になれます。

ZEROスーパーセキュリティの紹介記事はこちらです

2位:「マカフィー」

販売元:マカフィー(McAfee)

マカフィー リブセーフ

特 徴

全世界で6億台以上のパソコンやシステムで利用されており、特に金融機関では世界の大手銀行の87%以上がマカフィーを利用しているとの情報もあります。

家族全員、何台でもインストール可能、しかもパスワード管理機能付き!

第三者機関の「AV-Comparatives.org」でも高い評価を得ているパフォーマンスに優れたセキュリティソフトです。

ランサムウェアを含む新たなウイルスでも挙動を分析してブロックします。

また、マルチOS対応&マルチデバイス対応でご家族を守ります。

※マカフィー アンチウイルスを除く

販売価格

1年版(台数無制限) 6,500円(税込) 3年版(台数無制限)11,000円(税込)

3位:「ESET」

販売元:キヤノンITソリューションズ(Canon IT Solutions)

ESET ファミリー セキュリティ

特 徴

サイバー攻撃を多層防御機能でブロック、高いウイルス検出能力!

ウイルス・スパイウェア対策、ランサムウェア対策、フィッシング対策などの基本機能に加えて、インターネットバンキング保護やペアレンタルコントロールなどの機能も実装した総合セキュリティソフトです。

動作が軽くパソコンへの負担を抑え、メモリー搭載量が少ないパソコンでもストレスなく使えます。

販売価格

3年版1台 6,600円(税込) 3年版5台 9,900円(税込)

4位:「ノートン」

販売元:ノートンライフロック(NortonLifeLock)

ノートン 360 デラックス

特 徴

ノートンセキュリティは国内シェアNo2のセキュリティーソフトです。

世界150ヵ国から集めたウイルスなどに関するビッグデータをAIが収集、ノートンセキュリティのデータベースを構築しています。

ウイルス対策・個人情報保護など、多彩なセキュリティ機能を搭載!

ランサムウェア/ウイルス対策・自動オンラインバックアップ – 25 GB・Wi-Fi 送受信データの暗号化(VPN)・お子様のネット利用管理・ダークウェブ モニタリング など

複数台に導入可能なマルチデバイス版など、ラインアップが豊富です。

販売価格

アンチウイルスプラス
1年版1台 4,260 円(税込)

「ノートン360 スタンダードプラン」
1年版1台  4,780 円(税込)1年版2台 4,980 円(税込)1年版3台5,980 円(税込)

「ノートン360 デラックスプラン」 
1年版3台  7,680 円(税込) 2年版3台 13,080 円(税込)3年版3台14,480 円(税込)

「ノートン360 プレミアムプラン」
1年版5台    7,980 円(税込) 2年版5台  15,780 円(税込)
3年版5台  15,980 円(税込)
1年版10台12,880 円(税込) 2年版10台28,280 円(税込)
3年版10台28,680 円(税込)

5位:「ウイルスバスター」シリーズ

販売元:トレンドマイクロ(TRENDMICRO)

ウイルスバスター クラウド

特 徴

ウイルスバスターは国内シェアNo1のセキュリティーソフトです。

AI技術で高い防御力とクラウド技術により「侵入を防ぐ」「脅威を検知」「データを保護」の多層防御の考え方にAIを組み込んで高い防御力を提供しています。

また、フィッシング詐欺対策に特徴があり、Net検索を行うとサイトごとに色分けをして危険なサイトが分かるため、フィッシングによる被害を未然に防げます。

日々増加する新たな手口を使った脅威も含め、より多くの脅威から守ります。

また、パソコンにかかる負荷が軽いのもポイントです。

販売価格

ウイルスバスター クラウド「ベーシック」
1年版3台 5,720円(税込) 3年版3台 13,580円(税込)

ウイルスバスター クラウド「スタンダードセット」
1年版3台 8,470円(税込) 3年版3台 19,960円(税込)

ウイルスバスター クラウド「プレミアムセット」
1年版3台 11,220円(税込) 3年版3台 26,070円(税込)

※3台適用の条件:1台にOSがひとつの場合 Windows、Mac、Chromebook、Android、iOS・iPad OSで利用できます。

AV-Comparatives.orgの検索方法

ここでは、ウイルスの検出能力の評価を行っている第三者機関のAV-Comparatives.orgについて、評価結果の検索手順を紹介します。

原文は英語ですが、Googleで検索を行うと日本語に翻訳されますので、分かり易い記事構成になっています。

実績検索の手順

Googleで「AV-Comparatives.org」を検索すると検索結果の一番上に「Home AV-Comparatives」が表示されるのでクリックして下さい。

次に、表紙に表示されるCONSUMER(消費者)をクリックします。

そこで表示されるページ上部のLatest Tests(最新のテスト)をクリックします。

ここで表示されるページの上部に「Malware Protection Test March 2022」の表示があるのでそこをクリックします。

次に、ここで表示されるページを下方向にスクロールしていくと、セキュリティソフトのマルウエア保護テスト2022年の最新ランク付けを見ることができます。

まとめ

いかがでしたか。

Net社会が益々複雑で多岐に渡って拡大する事により、パソコンのウイルスや、迷惑メールなどにフィッシングメールが含まれるなど、個人情報を盗まれるなど被害が増えると思われます。

この記事では、セキュリティソフトのウイルス検出能力や販売価格の面から、おすすめのセキュリティソフを選び紹介しましたが、セキュリティソフトを導入したからと言っても万全ではありません。

一番の防御は怪しいアプリやソフトには、むやみにアクセスしないことです。

この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。