小学校のプログラミング教育|おすすめのプログラミング教室

プログラミング

小学校のプログラミング教育が、2020年度から必修となり、いま多くの注目を集めております。

必修化といっても「プログラミング」という教科ができた訳ではなく、算数や理科などの既存の教科の中にプログラミングの要素を取り入れたものになりました。

この記事では、小学校プログラミング教育の手引(第三版 文部科学省)を分かり易く紹介します。

また、記事の後半では「こども向けプログラミング学習ソフト」や「こどもプログラミング教室」について紹介します。

スポンサーリンク

小学校におけるプログラミング教育のねらい

  • 「プログラミング的思考」を育むこと。
  • 情報社会がコンピュータ等の情報技術で支えられていることに気付き、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと。
  • 各教科等の内容を指導する中で、各教科等での学びをより確実なものとすること。

プログラミングに取り組むことを通じて、児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりすることは考えられるが、それ自体をねらいとしてはいない。

※参照元:小学校プログラミング教育の手引(第三版)|文部科学省

<https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm>

小学校で学ぶ学習内容と対象学年

社会 4年生の学習

都道府県の特徴を組み合わせて47都道府県を見付けるプログラムの活用を通して、その名称と位置を学習

算数 5年生の学習

プログラミングを通して、正多角形の意味を基に正多角形をかく学習

理科 6年生の学習

身の回りには電気の性質や働きを利用した道具があること等をプログラミングを通して学習

家庭 6年生の学習

自動炊飯器に組み込まれているプログラムを考える活動を通して、炊飯について学習

音楽 3年生~6年生

様々なリズム・パターンを組み合わせて音楽をつくることをプログラミングを通して学習

※参照元:小学校プログラミング教育の手引(第三版)|文部科学省

<https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm>

プログラミングの学習活動について

  • 情報化の進展と生活や社会の変化を探究課題として学習
  • まちの魅力と情報技術を探究課題として学習
  • 情報技術を生かした生産や人の手によるものづくりを探究課題として学習
  • 課題について探究して分かったことなどを発表(プレゼンテーション)する学習

※参照元:小学校プログラミング教育の手引(第三版)|文部科学省

<https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm>

企業と連携した指導例

自動車メーカーと連携する指導例

情報技術を生かした最新の自動車や、安全な社会に向けたものづくりに携わる人々との関わりを通して、情報技術の進展と豊かで安全な生活の実現に向けた取り組みを行う。

住宅メーカーと連携した指導例

私たちの住む家が新しい情報技術の進展による様々な工夫によって、暮らしやすくなっていることを理解し、様々な立場の人の意見を取り入れて考えるなどの資質・能力を育成する。

インターネット関連企業と連携する指導例

自分たちのまちの魅力を自分たちが発信することで、まちの活性化に役立つことを理解すると共に、伝えたいまちの魅力を選んだり、まちの情報を発信するなどの資質・能力を育成する。

※参照元:小学校プログラミング教育の手引(第三版)|文部科学省

<https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm>

小学生向けプログラミング学習ソフト

小学生がプログラミングを学ぶためのプログラミング学習ソフトの選定について、その特長や仕様、動作環境等について調べました。

その中で感じたのは、本格的なプログラム言語学習への移行を意識したソフトや、若干ゲーム思考の強いソフトまで色々ありましたが、次の2つに絞り紹介します。

2つのプログラミング学習ソフトは、お子さんと指導される方が一緒に遊ぶ感覚で学習できますので、お子さんと一緒に楽しみながら学習してみませんか。

embot(エムボット)

embotはダンボールや身の回りのものを使った、プログラミングに自然と親しむことができる教育用ロボットです。

また、プログラミング学習を行う中で自然に実践的なプログラミングの構文に馴染めるよう工夫されております。

if文(条件分岐)や for文(繰り返し処理)等のコンピュター言語では一般的に使われている基本構文が分かり易く表現されており、遊びながらプログラミングを学べます。

また、embotは5年生の算数「円と正多角形」の学習では中心角を等分して正多角形を作図すると、最終的には頂点が増えると円に近づくという算数の学び方と同じ流れで学習をすることができるよう工夫されております。

embotは文部科学省、総務省、経済産業省が実施する「未来の学び プログラミング教育推進月間」(通称:みらプロ)にて教材として採用されております。

対象年齢6歳〜

embot(エムボット) | 遊ぶほど、プログラミングが楽しくなる。
プログラミング玩具「embot(エムボット)」で、楽しく工作&プログラミング技術を習得しよう。YouTubeチャンネルも更新中!

Scratch(スクラッチ)

Scratchは、アメリカのマサチューセッツ工科大学がプログラミング初心者向けに開発したプログラミング教育用ソフトです。

特徴は、簡単な入力とマウス操作でブロックを組み合わせるだけでプログラムが作れるため、簡単にプログラミングを学ぶことができます。

日本国内の多くの「プログラミング教室」が、Scratchを教材として導入しております。

対象年齢:8歳〜16歳

Scratch - Imagine, Program, Share
Scratch is a free programming language and online community where you can create your own interactive stories, games, and animations.

子供向け「ロボット教室」

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」

対象: 5歳以上

全国 1600教室以上で開講

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」の特長

あの「ロボホン」や「キロボ」を作った話題のロボットクリエイター「高橋智隆先生」が教材を監修している「ロボット教室」です。

4つのコースでレベルアップしながら、「もっとやりたい!」という好奇心を育てます。

理数系の基礎力をつけるドリルでは学べない「空間認識能力」を育みます。

カリキュラム紹介

ヒューマンアカデミーのジュニアロボット教室は最長7年、さらに上級コースも加えると10年間、じっくりとお子さまの成長に合わせて学べるよう設計されています。

小さなお子さまであっても、考えながら手を動かすことができるようになります。

親御さんが驚くほどの集中力を発揮しながら、空間認識力も得て、次第に、創造力や論理的思考力を伸ばしていきます。

また、年に1回行われる大会において自身のオリジナルロボットを人前で発表するチャンスもあり、プレゼンテーションスキルも身につきます。

コース紹介

4つのコースでレベルアップしながら「もっとやりたい!」という好奇心を育てます。

理数系の基礎力をつけるドリルでは学べない「空間認識能力」を育みます。

プライマリーコース

パーツ名や取り付けの基礎を覚えながら、動くロボットをつくりあげます。

ベーシックコース

課題解決に向け試行錯誤しながら、構造や動きの仕組みを理解していきます。

ミドルコース

ロボットは、より複雑な構造になり、基礎的なプログラムも組み立てます。

アドバンスコース

製作ヒントは図面だけになり、複雑なプログラムとセンサーも駆使します。

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式ホームページはこちらです

よくある質問

(参照元)ヒューマンアカデミー「ロボット教室」の、よくある質問より抜粋

Q 受講料金はいくらですか?

授業料、入会費、教材費が必要です。
受講するコースによって変わってきますので、体験会時に詳しくご説明させていただいております。

Q ロボット教室とプログラミング教室の違いは?

「こどもプログラミング教室」は対象学年が3年生以上です。

パソコンにてスクラッチや、上級コースになるとJavaScriptなどの言語を扱い、アニメやゲームなどを作成します。

「ロボット教室」は「ミドルコース」からタブレットを使ってプログラムでロボットの動きを制御していきます。

どちらもプログラムが入っていますので、お子さまの興味に合わせてお選びいただけます。

Q どこの教室でも内容は同じですか?

カリキュラムは同一です。ただし、授業時間や教室の雰囲気などは教室によって異なることがございますので、まずはお近くの教室への体験会参加をおススメします。

Q 始めるのはいつでも始められますか?

月々カリキュラムが切り替わりますので何月からでもスタート可能です。

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」の公式ホームページはこちらです

小学生向け「プログラミング教室」

小学生向けのプログラミング教室は、参入が増えておりますが、使用ソフトの殆んどがScratch(スクラッチ)をメインに学習するシステムになっております。

一方embot(エムボット)は後発ですが、教材として(みらプロ)で採用されていることもあり、これから小学生向けプログラミング教室での採用が増えてくると思われます。

ヒューマンアカデミー「こどもプログラミング教室」

対象: 小学3年生~

全国 200教室以上で開講

ヒューマンアカデミー「こどもプログラミング教室」はメニューバーから入れます

※上記リンクバーのリンク先が「ロボット教室」のときには、画面上部のメニューバーから「こどもプログラミング教室」の選択をお願いいたします。

「こどもプログラミング教室」の特長

ヒューマンアカデミーの「プログラミング教室」は、「考える力を育てる」カリキュラム構成になっております。

また、パソコンが初めてでも学習できるよう、学習の初期段階では難易度の低い課題からスタートするよう工夫されておりますので安心です。

最終的には自分でプログラムの改造を考え、作成できるレベルまで育て「考える力」が育成されます。

楽しく学ぶために開発したオリジナル教材で、カリキュラムの最初に、謎解きをしながらパソコンを操作していきます。

このように、教材には「考える力」を育むための仕掛けが、たくさん用意されています。

ヒューマンアカデミー「こどもプログラミング教室」はメニューバーから入れます

※上記リンクバーのリンク先が「ロボット教室」のときには、画面上部のメニューバーから「こどもプログラミング教室」の選択をお願いいたします。

エジソンアカデミー「ロボット プログラミング教室」

対象: 8歳以上

全国 900教室以上で開講

エジソンアカデミー「ロボット プログラミング教室」の概要

「エジソンアカデミー」は、アメリカのマサチューセッツ工科大学が開発した子供向けソフト(スクラッチ)をベースにロボット用に改良したプログラミングを楽しく学べるスクールです。

エジソンアカデミー「ロボット教室」の公式ホームページはこちらです

エジソンアカデミー ロボット プログラミング教室の特長

  • 初回授業からプログラミングになじめます。
  • ロボット作りとプログラミングの両方が体験できます。
  • スクール終了後も教材で楽しめ、国際大会(URC)に出場することもできます。

プログラミング教室がどのようなものなのか、自分の子どもでもできるのか、不安に思っている方も多数いらっしゃると思います。

ぜひ一度、お近くの「こどもプログラミング教室」の無料体験授業に参加してみませんか。

きっと、楽しいだけではない、お子さんの隠れた才能に巡り合えるでしょう

エジソンアカデミー「ロボット教室」の公式ホームページはこちらです

まとめ

いかがでしたか。

小学校のプログラミング教育が2020年にスタートしましたが、小学生向けのプログラミング学習ソフトやプログラミング教室が目立つようになりました。

今回、紹介したプログラム学習ソフトは、遊び感覚で簡単にプログラミングを学べる要素が取り入れらております。

また、小学生向けのプログラミング教室も数多く開校されております。

子供たちが成長して、本格的なプログラミングを理解するための一歩になることが期待できますので、皆様もお子さんと一緒に学んでみてはいかがでしょうか。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント