プログラミングスクール|失敗しない選び方とおすすめのプログラミングスクール6選

プログラミングスクール

プログラミングスクールの失敗しない選び方を教えて‼

 

この記事では、こんな質問や疑問にエンジニア目線で、プログラミング初心者に分かり易く解説します。

プログラミングを学ぶ目的の明確化

あなたが「プログラミングを学びたい」と思った目的は何でしょうか?

プログラミングスクールを選ぶ前に、あなたの「なりたい自分」が何かを明確にすることから始めましょう。

ここで言う「なりたい自分」とは同じプログラマーでもWeb系プログラマーなのか、アプリケーション系プログラマーなのかで学ぶべきプログラム言語は大きく変わってきます。

ここで補足になりますが、プログラミングを学ぶ当面の「ゴール」が転職や就職であればWeb系のプログラミング言語を学ぶことを、おすすめします。

Web系の言語は、おおまかに「HTML/CSS/PHP/JavaScript/Ruby」などになります。

※ 厳密にはHTML/CSSはプログラミング言語ではなく、HTMLはマークアップ言語、CSSはスタイルシート言語と言います。

おすすめする理由はWeb系の需要(仕事)が多く、学習もさほど難しくないからです。

プログラミングスクールで学ぶ3つのメリット

1、目標を達成するために最適なプログラミング言語を効率的に学ぶことができる。

2、組織的な転職・就職のサポートがあるので効率的な就職活動ができる。

3、講師(メンター)によるサポートがあるので独学に比べて挫折しにくい。

プログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールの失敗しない選定のポイントを解説します。

目的のプログラミング言語が学べるか!

選んだプログラミングスクールが、あなたの目指す「ゴール」に最適なプログラム言語を効率よく習得できる環境にあるかが大切です。

プログラミングスクールによって、学べるプログラミング言語が少ないところと、多数あるところがありますが、一つの言語にどれだけ注力されているかが大切です。

一種類の言語しか学べないプログラミングスクールでも「Ruby」や「Python」で、最高のレベルで特化しているところもあります。

カリキュラムが実践的なものか!

目指す「ゴール」が転職・就職であれば、「サービス開発」経験をいかにに多く積むかで評価が分かれます。

したがって、プログラミングスクールのカリキュラムに実践的な「サービス開発」がどのように組み込まれているかが重要です。

プログラミングスクールによっては、簡単な「サービス」のコードを書き写して終わりのところや、「サービス開発」を数多く作成して実践レベルのスキルを身に付ける高いレベルのところもあります。

また、「サービス開発」はポートフォリオとしても使用できます。

ポートフォリオは技術力を証明でき、就職活動に大きな力を発揮することができます。

講師のレベルを確認

講師のレベルは専任講師の場合には履歴等で確認できますが、現役エンジニアの場合には選考方法やスクールの採用基準などを確認しましょう。

講師のレベルは経験年数やプログラミングでの収入から、ある程度の推測ができます。

講師の採用基準(参考例)

  • 現役エンジニアの経験年数を参考にする。
    経験年数を3年以上などと公表しているスクールもあります。
  • 現役エンジニアの月収を参考にする。
    プログラミングでの月収が〇〇万円以上などと公表しているスクールもあります。
  • 選考通過の合格率を公表しているスクールもあります。

受講スタイル

プログラミングスクールの受講スタイルには「通学タイプ」と「オンラインタイプ」があります。

通学タイプ

メリット

  • 講師(メンター)に直接指導を受けられる。
  • 同期の仲間と情報交換ができ、モチベーションを維持しやすい。
  • 自習室を開放しているスクールもある。

デメリット

  • 移動時間が発生する。
  • 仕事をしながらプログラミングスクールに通う場合は、スケジュールを合わせるのが難しい場合がある。
  • 都合に合った受講の予約が取れない場合がある。

オンラインタイプ

メリット

  • ネット環境があれば、どこにいても学習できる。
  • 自宅の近くにプログラミングスクールがない人も気軽に学べる。
  • 仕事などで、なかなか都合をつけづらい人にも向いている。
  • 自分のライフスタイルに合わせてプログラミングを学べる。

デメリット

  • チャットで質問をしても回答がすぐの場合もあれば翌日の場合もあり、すぐに疑問を解決したい人には向いてない。
  • モチベーションの維持が難しい。

※ コロナ禍では、今まで「通学タイプ」のスクールも「オンライン」に切り替えている場合がありますので事前に確認することを、おすすめします

学習スタイル

学習スタイルはプログラミングスクールによって「マンツーマン指導」や「グループレッスン型」があります。

マンツーマン指導

専属の講師(メンター)がついて学習を進めていきます。

メリット

  • 自分が学びたいスキルや、将来のキャリアに合わせて指導を受けられる。
  • 講師(メンター)に質問がしやすい。

デメリット

  • 他の生徒との交流がないため、チーム開発などの体験ができない。
    ※ 一部ではWebによるチーム開発が経験できるスクールもあります。
  • 講師(メンター)との相性が合わない場合の対応も考えておく必要があります。

グループレッスン型

何人かの集団で授業を受けることになります。

メリット

  • 自分が学びたいことだけではなく、スクールが必要とするスキルを幅広く学べる。
  • 同期の仲間との、情報交換や良い刺激を受けることができる。
  • プログラマーはチーム開発が一般的ですが、同期の仲間と学べるグループレッスンでは、コミュニケーションスキルを磨くことができます。

デメリット

  • 自分に合わせた学習内容にならない。

ここで大切なのは「マンツーマン指導」「グループレッスン型」のいずれにしても、自身が主体的に学習に取り組まないと成果は得られないことです。

受講期間

受講期間も、プログラミングスクールを決める際の大切な指標のひとつです。

また、受講期間が同じでも受講回数の多い、少ないも判断材料に加えて下さい。

受講期間は一般的に1カ月~6カ月位が多いですが、12カ月位の長期間のコースもあります。

一般的に、期間が長くなれば受講費用は高額になります。

逆に、受講期間を短くし過ぎてしまうと、カリキュラムに追いつけず、スキルが身に付かないなど、ハードルが高くなる可能性があります。

生活パターンも考慮して、プログラミング学習にどれくらい時間を費やせるのかを把握した上で、ある程度余裕のある期間で受講できるスクールや受講期間を選ぶことが大切です。

プログラミングスクールの形態

プログラミングスクールには、受講料金が「無料のスクール」と「有料のスクール」の2タイプがあります。

ここでは、それぞれの特徴について紹介します。

無料のスクール

人材紹介会社が母体となり、運営しているプログラミングスクールが一般的です。

受講料を無料で運営しているスクールは、エンジニアを育成して企業に紹介することで、企業から紹介料を受け取り運営しています。

企業側にしてみれば社内研修を行わなくても、実践で活躍できる人をスクールから紹介されるメリットがあります。

無料スクールのチェックポイント
  • 目的とするプログラミング言語やスキルが学べるかを確認。
    無料スクールでは学べるプログラミング言語が一部に限定される場合があります。
  • 紹介された企業を、自分で選択ができるかを確認。
  • 紹介された企業から内定がでても応じなかった場合の違約金について確認。
  • 受講料金が無料になる条件について確認。
    無料スクールは受講対象年齢が厳しく、20歳代がほとんどです。

代表的な無料スクール

GEEK JOB」「プログラマカレッジ」など
※スクールの全てのコースが該当するわけではありません。

実質無料のスクール(2021年4月より禁止されました)

入学時に納めた受講料が、転職や就職できた場合に受講料が返金されるスクールがありましたが、2021年4月1日の職業安定法改正に伴い、禁止事項となりました。

「講座受講後の転職成功 ⇒ 講座料金のキャッシュバック」等は禁止されました。

有料のスクール(転職・就職保証のあるスクール)

有料のスクールでも受講者がプログラマーへの転職・就職を希望しても、万が一転職・就職ができなかった場合に受講料が返金される転職・就職保証のスクールがあります。

代表的な「転職・就職」に失敗したら返金されるスクール

「WEB Camp Pro」「TECH ACADEMY Pro」など

※スクールの全てのコースが該当するわけではありません。

受講料金の確認

  • 受講料金があなたの予算内に収まるかの確認。
    ※ 受講料金は入学金などを含めた総額を確認すること。
  • 高額な受講料金を無理をしないで、支払いができる方法の検討、スクールによっては分割払が可能なところもあります。
  • 受講料の支払い方法に加えて、就職に失敗してしまった場合も想定して、就職保証などのあるスクールを念頭にいれる選択技もあります。

卒業生の就職先などを確認

目指す就職先について、今までの実績などを確認するのも大切です。

また、就職先の企業形態について比率なども参考にして下さい。

(例)自社開発企業:20% 受託企業:30% SES企業:50% など

IT関連企業の企業形態

IT関連企業は概ね次の3パターンになります。

自社開発企業

自社開発企業は自社のサービスを開発して利益を得ており、社員は自社内で自社のサービス開発に従事します。

受託企業

受託企業は他社のサービス開発を請け負って利益を得ており、社員は自社内で他社のサービス開発に従事します。

ここで大切なのは、受託サービス開発の請負が高次かどうかの見極めです。

SES企業

SES企業は他社に人材を派遣し、労働力を提供して利益を得ており、社員は他社に常駐して他社のサービス開発に従事します。

また、業務が他社のインフラ保守などの場合もあり、扱うプログラミング言語はJavaが多いのが特徴です。

企業形態別の人気度

就職先の人気度は自社開発企業が最も高く、次に受託企業、SES企業の順になります。

また、就職の難易度は自社開発企業が最も高く、多くの人は受託企業、またはSES企業へ就職しています。

一般的に受託企業やSES企業で開発経験を積んで、1〜2年後にフリーランス独立や自社開発企業へ転職を目指す働き方が多いようです。

国の教育訓練給付制度について

プログラミングスクールで学習するのに気になるのが高額な受講料金ではないでしょうか。

プログラミングスクールによっては、国が支援を打ち出している給付金を活用できる講座があります。

ここでは、次の2種類を紹介します。

一般教育訓練給付制度

対象の講座は、条件を満たす方に受講費用の最大20%(上限10万円)が国から給付されます。

「一般教育訓練給付制度」対象講座

ヒューマンアカデミーの「Webデザイナー総合コース」など

専門実践教育訓練給付制度

対象の講座は、条件を満たす方に受講費用の最大70%(上限56万円)が国から給付されます。

※給付金の紹介記事を、この記事の最後にリンクを貼りましたので参考にして下さい。

「専門実践教育訓練給付制度」対象講座

【AIジョブカレ】人工知能技術専門プログラミングスクール

【AIジョブカレ】は「機械学習講座+デープラーニング」と「機械学習+統計・R講座」の2コースが「専門実践教育訓練給付制度」対象講座に認定されております。

【AIジョブカレ】の最大の特徴は講座内容が国のお墨付きである上に、受講料がスクール業界で最安値に設定されていることです。

転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMIT

DIVE INTO CODE 専門技術コース

「Aidemy Premium Pian」Python特化型プログラミングスクール

データミックス「データサイエンティスト育成コース」

テックアカデミー「データサイエンスコース

無料カウンセリングや無料体験会の活用

ほとんどのプログラミングスクールでは無料のカウンセリングや無料体験学習を行ってますので参加されることを、おすすめします。

自分に合った学習方法をイメージするためにも、有効に活用しましょう。

代表的なプログラミングスクール6校を紹介

※この記事での各スクールの掲載順位は、特に優劣を意図したものではありません。

DMM WEBCAMP

転職保証付きのコースもあり、確実にエンジニア転職をしたい人に、おすすめします。

教室:東京に2校、大阪に1校、合計3校

受講スタイル:コロナ対応のためオンラインにて対応しております。(2021年2月時点)

DMM WEBCAMPの概要

受講を始める人の97%がプログラミング未経験者(2020年1月時点)

転職の成功率は98% (2020年1月実績)

企業紹介:紹介できる企業は300社以上

学習可能項目:HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Ruby on Railsなど

スポンサーリンク

DMM WEBCAMPキャリアプラン

ここではDMM WEBCAMPキャリアプランとして3つのコースを紹介します。

DMM WEBCAMP COMMITコース

転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMIT

短期間でエンジニア転職を目指す、こんな方におすすめします。
  • 未経験からエンジニアを目指したい方
  • 将来のキャリアに不安を感じる方
短期集中コース

最短3ケ月で未経験からエンジニア転職を目指すコースです。

短期集中コースは、ITエンジニアとして必要な知識や実践的なスキルを、個人課題、チーム開発、ポートフォリオ制作を通して学びます。

また、エンジニアへの転職を成功させるための手厚いキャリアサポートが行われます。

専門技術コース 「専門実践教育訓練給付制度対象講座」

短期集中コースのカリキュラムに加え、「AI」または「クラウド」の学習を行います。

条件を満たすと支払った教育訓練経費の最大70%が教育訓練給付金として給付されます。

学習内容

DMM WEBCAMPが独自で開発したオンライン教材を使用し、開発に必要なプログラミング言語が習得可能です。

質問し放題であるため未経験の方でも安心して学習することができます。

学習可能項目: HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Ruby on Railsなど

転職サポート

専属のキャリアアドバイザーによるキャリアサポートがあります。

自己分析や履歴書、職務経歴書の添削、面接対策など転職がサポートされます。

規定期間内に転職が決まらない場合、受講料を返金する転職保証つきのコースです。

※保証制度適用には、DMM WEBCAMP規定の受講条件を満たす必要があります。

DMM WEBCAMP PROコース

オンライン完結型スクール DMM WEBCAMP PRO

未経験そして働きながらITエンジニア転職を目指す方へおすすめします。

ITエンジニアとして活躍するために必要なのはコードを書く技術だけではありません。

企画から設計、実装まで開発に必要な実践的な知識、技術を総合的に習得できます。

開校日は13時から22時まで、メンターに質問ができます。

疑問点はオンライン・チャットですぐに解決、スキル向上のために効率的に学習できます。

受講期間

転職志望コース 12週間・16週間

学習内容

JavaScript、AWS などエンジニアとして必要な知識が学べます。

転職サポート

専属のキャリアアドバイザーによるキャリアサポートがあります。

自己分析や履歴書、職務経歴書の添削、面接対策など転職がサポートされます。

DMM WEBCAMP SKILLSコース

DMM WEBCAMP SKILLSは、オリジナルのカリキュラムで短期間で効率的にプログラミングスキルが身に付けられるコースです。

DMM WEBCAMP SKILLSコースには2つのコースがあります。

「ビジネス教養コース」「はじめてのプログラミングコース」

ビジネス教養コース

これからの時代に必要なITスキルを、最短1ヶ月で身につけられます。

受講期間

4週間・8週間・12週間・16週間

学習内容

HTML・CSS・Ruby on Railsなど

ホームページ制作・WEBアプリケーション制作

スポンサーリンク

はじめてのプログラミングコース

初心者に特化したカリキュラムでプログラミングの基礎知識とスキルが習得できます。

受講料金・受講期間

基礎知識学習フェーズ(4週間プラン)

さらに実践的なプログラミングを学びたい方は追加で受講可能です。

開発スキルアップフェーズ(4週間プラン)

学習内容

HTML・CSS・Ruby on Railsなど

ホームページ制作・WEBアプリケーション制作

無料のカウンセリング

ネット上の評判や口コミ情報も参考になりますが、「無料のカウンセリング」に参加して自分に合った学習方法をイメージしてみてはいかがですか。

カウンセリングはコース別に2種類ありますので以下から、それぞれにリンクしています。

オンライン完結型スクール DMM WEBCAMP PRO

転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMIT

 

DMM WEBCAMPの評判・口コミ|転職・特徴とメリット
DMM WEBCAMPは、プログラミング未経験者からプログラミング経験者まで幅の広いサポート体制があり、高い「継続率」「修了率」「転職率」を誇っております。この記事では、DMM WEBCAMPの特徴や評判について詳しく紹介します。

 

tech boost

プロのエージェントに転職支援を受けたい人に、おすすめします。

tech boostの概要

受講スタイル:tech boostは通学、およびオンライン受講から選択できます。

※通学は渋谷のみになります。

カリキュラム

ヒアリング内容をもとに一人ひとりに合ったオリジナルのカリキュラムで学習します。

スポンサーリンク

スタンダードコース

スタンダードコースは個別のカリキュラムに沿って、ログイン機能や投稿機能など一般的なサイトにある機能を持ったWebアプリケーションを作成していきます。

HTML / CSS  Web系の開発に必要な言語やプログラミングの基礎を学びます。

具体的には、画面作りに必要なHTMLとCSSを実装するためのRubyかPHPのいずれかのプログラミング言語を学びます。

ブーストコース

ブーストコースは自分自身でアイデアを出して、要件定義を行ない、オリジナルWebアプリケーションを作成します。

ポートフォリオとしても使用できるため、 エンジニア転職やフリーランスを目指している方におすすめします。

HTML / CSS  /要件定義 / ユーザー定義 /オリジナルWebアプリケーション開発

Web系の開発に必要な言語やプログラミングの基礎を学びます。

具体的には、画面作りに必要なHTMLとCSS、処理を実装するためのRubyやPHPのいずれかのプログラミング言語を学びます。

受講期間について

3ヶ月/6ヶ月/12ヶ月から、それぞれの1日の学習時間に合わせた受講期間が選択できます。

また1ヶ月ごとに延長も可能なので、受講期間内に終わらなかった場合も月額料金のみで満足いくまで学習を続けることが可能です。

メンタリングとは

受講生に合わせてマッチングした現役エンジニアが、1回1時間で学習をサポートします。

メンターの必要度合いに応じて回数を選べます。

学習面では、学習の進捗確認や、技術指導、受講生の気づかなかった課題の提案や、作りたい物に対してのアイディア提供が受けられます。

エンジニアの転職・就職支援

運営会社「Branding Engineer」のエンジニア転職支援サービス「Tech Stars」や、独立支援サービス「Midworks」の知見を活かした転職支援を受けられます。

スポンサーリンク

無料説明会

ネット上の評判や口コミ情報も参考になりますが、「無料の説明会」に参加して自分に合った学習方法をイメージしてみてはいかがですか。

tech boost 公式HP

 

tech boost|テックブーストの評判・口コミとメリット
テックブーストは卒業後のキャリアサポートが充実したプログラミングスクールです。また講師が現役エンジニアなのも強みです。この記事ではTech boostの評判・口コミとオーダーメイドカリキュラムやメンタリング、割安な受講料金について紹介します。

 

DIVE INTO CODE

Webエンジニア・機械学習エンジニアとして就業することを目指す人に、おすすめします。

受講スタイル: 教室はコロナ対応のため利用停止中のため、オンライン対応しています。

全コース、Zoomを活用して通学時と変わらないサービスが提供されてます。

スポンサーリンク

DIVE INTO CODEの特徴

DIVE INTO CODEの強み

即戦力になるために設計された授業

  • チーム開発や、実際の開発にそのまま適応できるカリキュラムになっています。
  • 企業で実際に使用されている新人研修の研修課題などを導入しています。
  • オンラインでの質疑応答などメンターによるサポートを受けられます。

圧倒的なコンテンツ量

  • 750時間のコンテンツを通して、より優位に立てるスキルを身に付ける事ができます。

同期やメンターとの繋がりの強さ

  • 授業では、リモートでペアワークやペアプロを行い、切磋琢磨できる環境が提供されます。
  • 勉強会や卒業生コミュニティなどの交流が盛んに行われ、エンジニアになった後にも業界のトレンドをシェアできるような交流関係へと発展しています。

充実のサポート体制

  • 課題突破型のテキスト「DIVER」でオンラインでもしっかりと基礎が身につきます。
  • オンラインでの質疑応答などメンターによるサポート
  • 現役エンジニアを招いての就活セミナーの開催

Webエンジニアコース

主にRuby on Railsを中心としたWebアプリケーション開発に必要な技術を習得するコースです。

「就職達成プログラム」、「ベーシックプログラム」 があります。

就職達成プログラム 「専門実践教育訓練給付制度対象講座」

Webエンジニアとして就職することをゴールとしたプログラムです。

Webエンジニアコースは、最短の期間で確実にプロのスタートラインに立てる人材の育成を目的としています。

現場で使われている知識や技術をできる限り網羅し、現場の知見を持った人材を育成することに重きがおかれてます。

就職達成プログラムは、専門実践教育訓練給付制度対象講座として認定されています。

※認定はフルタイムのみになります。

受講スタイル

フルタイム:4ヶ月間(土日祝以外) パートタイム:10ヶ月間(木曜以外の平日、土日祝)

※フルタイム受講は一定の条件を満たす方は国から最大45万円の給付が受けられます。

学習内容

(入門Term)

・HTML・CSSシリーズ ・Git/GitHubシリーズ ・JavaScriptシリーズ ・Rubyシリーズ ・RDBMS / SQLシリーズ ・Web技術入門シリーズ

(基礎Term)

アプリケーション作成

(就職Term)

現場で使われるツールや開発サイクルを経験

ベーシックプログラム

Webアプリケーション開発の知識を身につけることがゴールのプログラムです。

ベーシックプログラムは、プログラミングの基礎習得からWebアプリケーションの開発までの 経験をし、Webアプリケーション開発周辺の知識を網羅的に習得できます。

自分でエラーログを確認し、プロのWebエンジニアと対等に交渉できる力が身に着きます。

受講スタイル

パートタイム:6ヶ月間(木曜以外の平日、土日祝)

学習内容

(入門Term)

・HTML・CSSシリーズ ・Git/GitHubシリーズ ・JavaScriptシリーズ ・Rubyシリーズ ・RDBMS / SQLシリーズ ・Web技術入門シリーズ

(基礎Term)

アプリケーション作成

スポンサーリンク

機械学習エンジニアコース「専門実践教育訓練給付制度対象講座」

機械学習エンジニアとして就職することをゴールとしたプログラムです。

機械学習エンジニアコースは、4ヶ月で自立自走できる機械学習エンジニアになることを目標としています。

機械学習エンジニアコースで、実務に通用する機械学習エンジニアを目指しましょう。

就職達成プログラムは、専門実践教育訓練給付制度対象講座として認定されています。

※認定はフルタイムのみになります。

※機械学習エンジニアコースは事前テストと面談に合格した方のみ、入学できます。

受講スタイル

フルタイム:4ヶ月間(土日祝以外)

学習内容

本プログラムに入る前に事前学習として、Python・数学から機械学習まで幅広く学びます。

本プログラム

・MachineLearning ・DeepLearning ・EngineerProject

就職Term

ポートフォリオの作成、パートナーのご紹介、就職説明会などが行われます。

就職活動

卒業後、専属キャリアアドバイザーとともに就職活動が行われます。

オンライン説明会

ネット上の評判や口コミ情報も参考になりますが、「オンライン説明会」に参加して自分に合った学習方法をイメージしてみてはいかがですか。

説明会の内容は2種類ありますので下記からリンクしております。

Web/機械学習エンジニアへの就職やキャリア相談、 サービス内容に関する説明会

「機械学習エンジニアコース」に関する説明会

 

DIVE INTO CODE の評判・口コミ|転職・特徴をレポート
DIVE INTO CODEは、チーム開発や実際の開発に適応できる知識や技術を持った人材の育成に重きを置いたプログラミングスクールです。この記事ではDIVE INTO CODEの3つのプログラムと評判・口コミについて、詳しく紹介します。

 

TechAcademy

現役エンジニアからマンツーマンで実践的スキルを習得したい人におすすめします。

TechAcademy [テックアカデミー]は受講コースが多数あるため、この記事では「エンジニア転職保証コース」と他の一部に絞って紹介します。

エンジニア転職保証コース

IT企業への転職を目指す方に最適のエンジニア転職保証コースです。

受講スタイル:オンラインスクール

未経験でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指すコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーより学習から転職までサポートが受けられます。

また、受講終了後に転職できなかった場合には受講料を全額返金する返金保証があります。

※返金の条件は利用規約によります。

スポンサーリンク

Tech Academy Proでエンジニアに転職できる3つの理由

Tech Academyの強み

REASON01

オンラインに特化したスクール

オンラインに最適化したコースが提供されネット環境があれば、どこでも学習できます。

REASON02

現役エンジニアが学習をサポート

受講生に1名ずつ現役エンジニアのパーソナルメンターがついて学習をサポートされます。

週に2回のマンツーマンメンタリングでモチベーションが継続できます。

REASON03

転職活動を徹底サポート

パーソナルメンターは学習サポートだけでなく、キャリアサポートも合わせて行われます。

キャリアカウンセラーのカウンセリングを受けることができ、転職までサポートされます。

パーソナルメンター制度

学習時の「わからない」「続かない」「挫折」の解消に注力されます。

第一線で活躍するメンターによるサポートが受けられます。

週2回のマンツーマンメンタリング

パーソナルメンターと1回30分のビデオチャットで質問、ペアプログラミングなど最適なサポートが受けられます。

※最初の週のみメンタリングは週1回

毎日15時〜23時のチャットサポート

メンターが毎日8時間常時オンラインで待機してるので、疑問点を聞けばチャットですぐに回答がもらえます。

回数無制限の課題レビュー

コードが正しく書けるようになるまで何度でも課題レビューが可能です。

キャリアサポート

SUPPORT01

自己分析をサポート

自分を知ることで強みと弱みがわかり転職時のアピールポイントが明確になります。

SUPPORT02

書類作成をサポート

履歴書・職務経歴書などの書き方をサポートされます。

SUPPORT03

面接対策をサポート

面接時の受け答えやマナーなど面接時に必要となる対策をサポートされます。

SUPPORT04

求人案内

厳選された求人の中からマッチする転職先が案内されます。

スポンサーリンク

プログラミング学習 0week ~ 10week
基礎編

Javaプログラミング基礎を学習 Webアプリケーション開発 パーソナルメンターが週2回のマンツーマンメンタリングで学習サポートを受けられます。

※1週目は週1回のマンツーマンメンタリングとなります。

15時〜23時のチャットサポートですぐに回答がもらえる回数無制限の課題レビューがあります。

応用編

Webアプリケーションの拡張機能追加、自ら提案して機能開発。

基礎編で開発したWebアプリケーションの拡張機能をパーソナルメンターに提案して、実際に開発 開発した機能はパーソナルメンターがレビューを行います。

期間中はパーソナルメンターが毎日チャットで回答(チャット回答は24時間以内)

マンツーマンメンタリングは週に2回実施、転職後すぐに活躍できるプログラミングスキルが習得できます。

現役エンジニアのパーソナルメンターが学習をサポートします。

転職活動 11week ~ 12week

Step1 カウンセリング

Step2 履歴書・職務経歴書の添削

Step3 企業との面接調整

Step4 面接後のフォロー パーソナルメンターとキャリアカウンセラーがタッグを組んでIT企業へ転職を目指すためのキャリアサポートが行われます。

データサイエンスコース

データサイエンスコース」が専門実践教育訓練給付制度対象講座として認定されました。

条件を満たすと支払った教育訓練経費の最大70%が教育訓練給付金として給付されます。

スポンサーリンク

無料カウンセリング

「無料カウンセリング・無料体験」ができます。

ネット上の評判や口コミ情報も参考になりますが、「無料カウンセリング」に参加して自分に合った学習方法をイメージしてみてはいかがですか。

テックアカデミー 公式HP

テックアカデミーの詳しい記事を新規に掲載しました。

 

TechAcademy|テックアカデミーの評判・口コミとメリット
テックアカデミー は現役エンジニアから学べる完全オンラインのプログラミングスクールです。この記事では、TechAcademyの評判・口コミやオリジナル・サービス開発、メンタリングサポートや無料体験、受講料金の割引方法について紹介します。

 

Aidemy Premium Plan 「専門実践教育訓練給付制度対象」

機械学習エンジニアとして就業することを目指す人に、おすすめします。

受講スタイル:オンラインスクール

AI学習プラットフォームによるPython特化型プログラミングスクールです。

Aidemy Premium Planの特徴

1、完全オンラインで、時間や場所に縛られず学習できる学習サービスです。

2、専門実践教育訓練給付制度を利用できるオンラインプログラムです。

コースにより受講料の最大70%が国から給付を受けられます。

※給付金受給には一定の条件があります。

3、マンツーマン学習サポートにより実戦に近い経験ができるプログラム。

受講は講師がマンツーマンで、一人ひとりの学習進捗に合わせてサポートされます。

4、添削課題や成果物は講師が丁寧にレビューし、実務でも通用するより質の高いコードを書くためのフィードバックが行われます。

5、ポートフォリオの作成もサポートされるので、転職活動に役立てられます。

6、未経験から機械学習エンジニアとしての転職実績が多数あります。

7、学習で実務的な知識を学べるのは独学にはないポイントです。

8、「講座受け放題」で、さらに学べる Aidemy Premium Plan

受講期間内であれば、画像認識・自然言語処理・AIアプリ開発等の講座からさらに学習したい講座を自由に追加受講することができます。

受講した講座に加え、自身の興味や習熟度に合わせ、追加費用無料で受講できます。

スポンサーリンク

確かな実力がつく4つの講座

Aidemy Premium Planの確かな実力がつく4つの講座を紹介します。

AIアプリ開発コース

画像認識を利用した機械学習を用いたWebサービスを作成する講座です。

データの取得から、機械学習アルゴリズム、Webアプリの実装まで学ぶことができます。

HTML・ CSS ・JavaScript・ jQuery ・ChartJS ・Heroku ・GitHub ・Flask ディープラーニングを用いた画像認識

データ分析コース

データの自動取得(スクレイピング)から、機械学習、時系列解析等を学びます。

Pandas:

データの前処理のライブラリ

Numpy:

高速計算ライブラリ 時系列解析  データビジュアリゼーション  Webスクレイピング

自然言語処理コース

機械学習、ディープラーニング、自然言語処理を学び、応用課題ではツイッターのデータから、会社の株価を予測するモデルを作成します。

Pandas:

データの前処理ライブラリ

Matplotlib:

グラフ描画ライブラリ データスクレイピング

AI マーケティング講座

AIプログラミングの実装スキル、データ・ドリブンなマーケティングを展開するビジネスのスキルを修得します。

最終課題ではAIをどうマーケティングに活用していくかのビジネス企画書を作成します。

業務としてマーケティングを行っている方だけでなく、AIを軸にビジネス知見を広げたい方におすすめの講座です。

スポンサーリンク

Aidemy Premium Plan のよいところ

Aidemy Premium Plan の強みを4つ紹介します。

24時間チャットサポート

24時間以内に必ず返信、講師がSlack上でプログラミング学習の技術サポート

受講生の書いたコードを講師がレビュー、 添削課題や成果物などで、受講者が書いたコードを講師がレビューを行います。

実務でも通用するような質の高いコードを書くためのフィードバックがあります。

オンライン・カウンセリング

1回25分、講師に何でも聞けるカウンセリングを受けられます。

興味のある分野についてディスカッションしたり、学習で分からなかったことを画面を見ながら学習できます。

転職相談

機械学習エンジニア、データサイエンティスト等、プレミアムランで培うAI技術を生かした職種へのキャリアチェンジをお考えの方はキャリアコンサルタントに相談できます。

受講者が転職したい職業に転職できるよう、教材選定やメンタリングでサポートされます。

選び放題システムについて

Aidemy Premium Plan は業界初の選び放題システムを採用。

受講講座として選択いただいた講座のカリキュラムに含まれていない教材も、カリキュラムの修了後に自由に追加して学習できます。

無料オンライン相談

「無料オンライン相談」があります。

ネット上の評判や口コミ情報も参考になりますが、「無料オンライン相談」に参加して自分に合った学習方法をイメージしてみてはいかがですか。

Aidemy Premium Plan公式HP

 

Aidemy Premium Planの評判・口コミ|転職・特徴をレポート
Aidemy Premium PlanはAI学習プラットフォームによる初心者でも始められるPython特化型のプログラミングスクールです。この記事では、Aidemy Premium Planの評判や口コミと特徴について紹介します。

 

侍エンジニア|SAMURAI ENGINEER

マンツーマンレッスンとオーダーメイドカリキュラムで学習したい人におすすめします。

受講スタイル:オンラインスクール

SAMURAI ENGINEERの最大の特徴はオンラインでマンツーマンレッスンを採用していることです。

また、オンラインが基本なので地方在住の方でも安心して受講することができます。

学べる言語やスキル:

C++/C#/Java/Ruby/React.js/Node.js/Python/PHP/Swift/Wordpress

スポンサーリンク

SAMURAI ENGINEERの特徴

1、オンラインのマンツーマンレッスンで学習効率アップ

2、完全オーダーメイドカリキュラム

3、オリジナルWebサービス開発

4,専属講師だから何でも質問できる

5、プログラミング学習をつまづかせないサポート体制

質問の受付が8時から22時までの14時間受付

6、専任のキャリアコンサルタントが最大限のバックアップ

7、SAMURAI ENGINEERオリジナル学習教材を利用し放題

8、メンターからの学習サポート

モチベーション維持、学習の進捗など学習の不安な点は専属コーチが常にサポート

9、卒業後も就職/転職まで徹底サポート

IT業界に特化した専門エージェントが、 約500社(パートナー含めると約10,000社)から最良な企業を紹介

10、Q&A掲示板を利用可能

Q&A掲示板を活用でき、分からない点もすぐに解消

SAMURAI ENGINEERの受講コース

SAMURAI ENGINEERには目的に合わせて6つのコースがあります。

デビューコース

安価にプログラミングを学んでみたい方へおすすめ。

SAMURAIオリジナルの教材を元に学習を進め、アプリ開発を習得できます。

週1回のマンツーマンレッスンに加え、専属の講師が入塾から卒業まで徹底指導。

エキスパートコース

プログラミングの基礎学習からオリジナルアプリ開発までを習得。

週1回のマンツーマンレッスンに加え、専属の講師が入塾から卒業まで徹底指導。

講師にいつでもチャットで相談ができ学習のつまづきや案件獲得の悩みまで自由に相談可能です。

AIコース

最先端の人工知能を短期間で習得。

Pythonの基礎学習に加え、チャットボットやスマートスピーカーなどを土台にAIを実装します。

実データの機械学習処理、画像解析、ブロックチェーン習得など幅広いニーズに対応可能です。

スポンサーリンク

転職コース

未経験から最短でエンジニア転職を実現する転職特化型コース 初期費用が無料から始められ、転職に成功すれば受講料は無料となります。

Webデザインコース

最短1ヶ月からオリジナルWebサイトのWebデザイン基礎から制作までを学ぶことができます。

プロのデザイナーが専属マンツーマン指導するので未経験からでもスキルを身に付けていくことができます。

フリーランスコース

案件獲得に特化した作品制作・ノウハウを習得することができます。

プログラミングの基礎から多様な制作ツールの使い方を学ぶことができます。

無料体験レッスン

「無料体験レッスン」があります。

ネット上の評判や口コミ情報も参考になりますが、「無料体験レッスン」に参加して自分に合った学習方法をイメージしてみてはいかがですか。

SAMURAI ENGINEER 公式HP

 

侍エンジニア|SAMURAI ENGINEERの評判・口コミとメリット
侍エンジニア|SAMURAI ENGINEERは実践型のプログラミングスクールです。この記事では、受講生からの評判や口コミ、オーダーメイドカリキュラム、マンツーマン受講、オリジナルWebサービス開発、無料体験レッスンなどを詳しく紹介します。

 

専門実践教育訓練給付金の受給方法|おすすめプログラミングスクール
プログラミングスクールの受講を検討する中で、気になるのが高額な受講料です。この記事では「第4次産業革命スキル習得講座」に認定されたプログラミングスクールの紹介と、認定講座を受講して「専門実践教育訓練給付金」の受給方法について詳しく解説します。

 

一般教育訓練給付金を受給する方法|給付金でプログラミングを学ぼう
一般教育訓練給付制度は厚生労働大臣の指定を受けた講座を受講して修了した場合、一定の条件を満たした方が支払った学費のうち20%(最大10万円)が給付される制度です。この記事では、教育訓練給付制度の受給方法を詳しく解説します。

 

まとめ

冒頭でも述べましたが、無料カウンセリングや無料体験会を設定しているスクールで、気になるスクールがあったら参加してみましょう。

無料カウンセリングや無料体験会で、疑問や不安を直接相談することで、自分が思い描いた「なりたい自分」の実現にむけ、大いに役立てて下さい。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント