プログラミングスクールの失敗しない選び方とチェックポイント

プログラミング

AIやIoTの普及などIT技術のニーズは、ますます高まっており、プログラマーは年々需要が増加している人気の職種です。

そんな中、プログラミングスクールで学ぼうと思っても「どのスクールが良いのか?」と、迷っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな初心者に向けて、スクールの種類やメリット・デメリットなど失敗しないプログラミングスクールの選び方について、チェックポイントを解説します。

プログラミングを学ぶ目的の明確化!

あなたが「プログラミングを学びたい」と思った目的は何でしょうか?

プログラミングスクールを選ぶ前に、プログラミングを学んで「何をしたいか」を明確にすることから始めましょう。

ここで言う「何をしたいか」とは同じプログラマーでもWeb系プログラマーなのか、アプリを開発するプログラマーなのか、他にも多くの分野があり多岐に渡ります。

代表的なプログラマーの種類!

ここでは、プログラマーの種類を大きく6つに区分けして紹介します。

Web系プログラマー

Web系プログラマーはWebサイトやWebサービスのシステム開発を中心に行うプログラマーです。

扱う主なプログラム言語:
HTML、CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Java、Python など多くのプログラミング言語やフレームワークを扱います。

アプリケーションプログラマー

パソコンやスマートフォンにインストールされるアプリケーションのプログラミングを主に開発を行います。

具体的には、iPhoneやAndroidにインストールするアプリや、PCのWebブラウザ上で動作するアプリなどがあります。

扱う主なプログラム言語:
Webアプリ:Java、JavaScript、Python、PHP、Ruby、C#
Android:Java、Kotlin
iPhone:Swift

ゲームプログラマー

ゲームを開発するプログラマーとして、テレビゲーム・スマホアプリなどのゲームの制作に携わります。

扱う主なプログラム言語:
家庭用ゲーム機:C++
スマートフォン:Unity、C#

組み込み系システムプログラマー

4Kテレビやエアコンなどの家電製品や、デジカメなどへ組み込まれた制御回路の動作・制御をするためのプログラム開発を行うプログラマーです。

扱う主なプログラム言語:
Java、C++、C言語

汎用系システムプログラマー

金融機関や大企業の集中処理型大型コンピュータで、顧客データベースなどを対象とした大規模なシステム開発を行うプログラマーです。

扱う主なプログラミング言語:
事務処理システム:COBOL、PL/I
科学技術計算:FORTRAN、PL/I

通信系プログラマ―

通信系プログラマーは、ネットワーク機器を実装するためのソフトウェアモジュールを開発したり、ネットワーク機器のアクセスプログラムを開発するプログラマーです。

扱う主なプログラミング言語:
C、C++、Java

プログラミングで「何をしたいのか」が明確になったら、次に学びたいプログラミング言語を決めましょう。

どんなプログラミング言語を学ぶのが良いか!

学びたいプログラミング言語を選ぶさい、人気のない言語を選んでも意味がありません。

ここでは、プログラミング言語を人気の面から紹介します。

プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」(2021年12月ランキング)の一部を要約して掲載しましたので参考にして下さい。

TIOBEインデックス 2021年12月の人気ランキング

順  位プログラミング言語評  価
1 位Python12.90%
2 位C11.80%
3 位Java10.12%
4 位C++7.73%
5 位C#6.40%
6 位Visual Basic5.40%
7 位JavaScript2.30%
8 位ASM2.25%
9 位SQL1.79%
10 位Swift1.76%
11 位R1.58%
12 位PHP1.50%
13 位クラシックVisualBasic1.27%
14 位Groovy1.23%
15 位Ruby1.16%
16 位Delphi / Object Pascal1.14%
17 位Fortran1.04%
18 位Perl0.96%
19 位Go0.95%
20 位MATLAB0.92%

「TIOBEインデックス」

出典:TIOBE Software

<https://www.tiobe.com/tiobe-index/>

IOBEインデックスは、Google、Bing、Yahoo!、Wikipedia、Amazon、YouTube、Baiduなどの検索エンジンの検索実績を基に順位を決定しています。

注目のプログラミング言語!

ここでは、ランキング1位の「Python」と3位の「Java」に注目したいと思います。

「Python」は、AIや機械学習などの最先端技術の核になるプログラミング言語であり、学習が容易なのも特徴のプログラミング言語です。

また「Java」は高速かつ動作が安定しており信頼性の高いシステムを構築する際に活用されることが多く、大規模なシステム構築で採用されることが多いプログラミング言語です。

「Java」はOSやハードウェアの違いを意識しなくて済み、業務システムやWebアプリ開発など幅が広い分野で活用できるプログラミング言語です。

「Java」を学べばプログラミングの基礎が理解しやすく、後に他の言語を学ぶ際にも理解しやすく、未経験からプログラマーをめざす上では最適なプログラミング言語です。

コロナ禍により、多くの業界の採用ハードルが上がっていますが、そんな中、景気の変動に左右されづらいのも「Python」や「Java」エンジニアの魅力です。

「Python」を学べる主なプログラミングスクール

スクール名称特徴・学習スキル紹介記事
アイデミーAI(人工知能)に特化したスクール
Python/JavaScrip/jQuery/etc
記事を見る
DIVE INTO CODE総学習時間720時間の充実したカリキュラム
Python/JavaScript/Ruby/etc
記事を見る
テックキャンプ短期集中や週末集中などスタイルが選べる
Python/Ruby/Ruby on Rails/SQL/etc
記事を見る
ヒューマンアカデミー AI(人工知能)やIoTに特化したスクール
Python/JavaScript/etc
記事を見る

「Java」を学べる主なプログラミングスクール

スクール名称特徴・学習スキル紹介記事
ウズウズカレッジ個別指導型のプログラミングスクール
Java/SQL/Servlet/JSP/JavaScript/etc
記事を見る
GEEK JOB就職支援に重点を置いた学習カリキュラム
Java/Ruby/etc
記事を見る
レイズテック現場で使える実践的なノウハウが学べる
Java/Wordpress/AWS/etc
記事を見る
侍エンジニアオリジナルカリキュラムでマンツーマン指導
Java/PHP/Ruby/Python/C++/C#/etc
記事を見る

次に、Web系のプログラミング言語も、おすすめの一つです。

理由はWeb系の案件(仕事)が多く学習も、さほど難しくないからです。

Web系の言語は、おおまかに「HTML/CSS/PHP/Ruby/JavaScript」などになります。

厳密にはHTML/CSSはプログラミング言語ではなく、HTMLはマークアップ言語、CSSはスタイルシート言語と言います。

「Ruby」を学べる主なプログラミングスクール

スクール名称特徴・学習スキル紹介記事
ポテパンキャンプ実践的カリキュラムで開発スキルを習得
Ruby/Ruby on Rails/JavaScript/etc
記事を見る
ランテックWeb系開発が習得できる実践的カリキュラム
Ruby/Ruby on Rails/JavaScript/etc
記事を見る
DMM WEB CAMPチーム開発など実践的な技術を総合的に学習
Ruby/Ruby on Rails/JavaScrip/etc
記事を見る
テックブーストブロックチェーン、AI、IoTなども学べる
Ruby/Ruby on Rails/JavaScript/PHP/etc
記事を見る
DIVE INTO CODE総学習時間720時間の充実したカリキュラム
Ruby/Python/JavaScript/etc
記事を見る

「PHP」を学べる主なプログラミングスクール

スクール名称特徴・学習スキル紹介記事
CodeCampGATEフロントエンドからサーバーサイドまで習得
PHP/MySQL/JavaScript/jQuery/etc
記事を見る
テックブーストブロックチェーン、AI、IoTなども学べる
PHP/Ruby/Ruby on Rails/JavaScript/etc
記事を見る
 テックアカデミーオンライン完結で幅広い学習コースが選べる
PHP/Ruby/JavaScript/Python/etc
記事を見る
侍エンジニアオリジナルカリキュラムでマンツーマン指導
PHP/Ruby/Python/Java/C++/C#/etc
記事を見る

プログラミング言語の地域性!

Web系エンジニアとして転職や就職を目指す場合、プログラミング言語の選び方に地域性あるのをご存知ですか?

東京でWeb系エンジニアとして就職を目指すのであれば、RubyやPHPのどちらでも問題はありません。

ただし、関西など地方でWeb系エンジニアとして就職を目指すのであればPHPの選択を、おすすめします。

理由はRubyを扱う企業が東京の企業に限られるため、地方に就職を考えている人には、おすすめできません。

教材は最新のものか!

学習で使用される教材が常にバージョンアップされた最新の教材を使用していることが大切です。

理由は、日進月歩のIT業界では古い教材で学習しても役に立たないからです。

スクールによっては市販の書籍を使って学習を行っているところもありますが、最新の教材を使っているかの見極めが大切です。

「オンライン教材」では、言語のバージョンアップに合わせて教材も直ぐにバージョンアップしやすいため比較的最新の状態が保たれているようです。

ただし、全ての「オンライン教材」が最新の状態とは限りませんので注意が必要です。

講師は現役エンジニアか!

講師は現役エンジニアにこだわりましょう。

理由は次のメリットがあるからです。

  • エラーなどが発生した場合の解決スピードが速い。
  • IT業界のリアルな話が聞ける。
  • 人脈が作れる可能性がある。

また、講師の実力について選考方法やスクールの採用基準などを確認しましょう。

講師が現役エンジニアの場合には実務経験年数やプログラミングでの収入から、ある程度の実力が推測できます。

講師の採用基準はどうなのか!

  • 現役エンジニアの実務経験年数を参考にする。
    実務経験年数を3年以上などと公表しているスクールもあります。
  • 現役エンジニアの月収を参考にする。
    プログラミングでの月収が00万円以上などと公表しているスクールもあります。
  • 選考通過の合格率を公表しているスクールもあります。

カリキュラムが実践的なものか!

当面の目指すゴールが転職や就職であれば、アプリ開発の経験をいかにに多く積むかが大切です。

簡単なアプリ開発を一つ制作するだけのスクールや、オリジナルアプリ開発を数多く作成して実践レベルのスキルを身に付ける高いレベルのところと大きく差があります。

またアプリ開発はポートフォリオとしても使用できます。

ポートフォリオは技術力を証明でき、就職活動に大きな力を発揮することができます。

アプリ開発に特に力を入れているスクールとしては、10個以上のアプリ開発に取り組む「ポテパンキャンプ」などが有名です。

受講スタイル

プログラミングスクールの受講スタイルには「通学タイプ」と「オンラインタイプ」があります。

通学タイプ

教室に通って学習します。

メリット

  • 講師(メンター)に直接指導を受けられる。
  • 同期の仲間と情報交換ができ、モチベーションを維持しやすい。
  • 自習室を開放しているスクールもあります。

デメリット

  • 移動時間が発生する。
  • 仕事をしながらプログラミングスクールに通う場合は、スケジュールを合わせるのが難しい場合がある。
  • 都合に合った受講の予約が取れない場合がある。

通学タイプがおすすめな人

  • 自宅での学習を継続する自信がない人。
  • 同期の仲間と交流しながら勉強をしたい人。

コロナ禍では、今まで「通学タイプ」のスクールも「オンライン」に切り替えている場合がありますので事前に確認することを、おすすめします。

出典:テックブースト

写真は「テックブースト」での受講イメージ

通学タイプのスクール

ここで紹介するスクールはオンラインでも受講できます。

スクール名称特徴・学習スキル紹介記事
DMM WEB CAMPチーム開発など実践的な技術を総合的に学習
Ruby/Ruby on Rails/JavaScrip/etc
記事を見る
テックブーストブロックチェーン、AI、IoTなども学べる
PHP/Ruby/JavaScript/etc
記事を見る
テックアイエス5分以内にZoomまたは対面での質問対応
PHP/SQL/Python/JavaScript/etc
記事を見る
DIVE INTO CODE総学習時間720時間の充実したカリキュラム
Ruby/Python/JavaScript/etc
記事を見る
テックキャンプ短期集中や週末集中などスタイルが選べる
Ruby/Ruby on Rails/SQL/Python/etc
記事を見る
ヒューマンアカデミー AI(人工知能)やIoTに特化したスクール
Python/JavaScript/etc
記事を見る

オンラインタイプ

メリット

  • ネット環境があれば、どこにいても学習できる。
  • 自宅の近くにプログラミングスクールがない人でも気軽に学べる。
  • 仕事などで、なかなか時間の都合をつけづらい人にも向いている。
  • 自分のライフスタイルに合わせてプログラミングを学べる。

デメリット

  • 質問をして回答がすぐの場合もあれば、翌日などと時間を要する場合がある。
  • モチベーションの維持が難しい。

オンラインタイプがおすすめな人

  • 仕事をしている人や学生など、なかなか時間の都合をつけづらい人

出典:アイデミー

写真は「アイデミー」のオンラインによる受講イメージ

オンラインのスクール

オンラインに特化した主なスクールです。

スクール名称特徴・学習スキル紹介記事
 テックアカデミーオンライン完結で幅広い学習コースが選べる
PHP/Ruby/JavaScript/Python/etc
記事を見る
ポテパンキャンプ実践的カリキュラムで開発スキルを習得
Ruby/Ruby on Rails/JavaScript/etc
記事を見る
コードキャンプ現役エンジニアによるマンツーマンレッスン
PHP/Ruby/JavaScript/Python/etc
記事を見る
ランテックWeb系開発が習得できる実践的カリキュラム
Ruby/Ruby on Rails/JavaScript/etc
記事を見る
レイズテック現場で使える実践的なノウハウが学べる
Java/Wordpress/AWS/etc
記事を見る
アイデミーAI(人工知能)に特化したスクール
Python/JavaScrip/jQuery/etc
記事を見る
侍エンジニアオリジナルカリキュラムでマンツーマン指導
PHP/Ruby/Python/Java/C++/C#/etc
記事を見る

学習スタイル

学習スタイルはプログラミングスクールによって「マンツーマン指導」や「グループレッスン型」があります。

先に結論を申し上げると、総合的に見て「マンツーマン指導」をおすすめします。

「マンツーマン指導」で受講できれば、「オンラインタイプ」でも「通学タイプ」と遜色なく質の高い学習が可能です。

マンツーマン指導

専属の講師(メンター)がついて学習を進めていきます。

メリット

  • 自分が学びたいスキルや、将来のキャリアに合わせて指導を受けられる。
  • 講師(メンター)に質問がしやすい。

デメリット

  • 他の生徒との交流がないため、チーム開発などの体験ができない。
    ※ 一部にはWebによるチーム開発が経験できるスクールもあります。

グループレッスン型

何人かの集団で授業を受けることになります。

メリット

  • 自分が学びたいことだけではなく、スクールが必要とするスキルを幅広く学べる。
  • 同期の仲間との、情報交換や良い刺激を受けることができる。
  • プログラマーはチーム開発が一般的ですが、同期の仲間とチーム開発を体験できるスクールもあります。

デメリット

  • 自分に合わせた学習内容にならない。
  • 学習についていけない場合もある。

ここで大切なのは「マンツーマン指導」「グループレッスン型」のいずれにしても、自身が主体的でないと成果は得られないことです。

受講期間はどうか!

受講期間も、プログラミングスクールを決める際の大切な指標のひとつです。

また、受講期間が同じでも受講回数の多い、少ないも判断材料に加えて下さい。

受講期間は一般的に1カ月~6カ月位が多く、平均的には3~4ヵ月位になります。

中には、12カ月位の長期間のコースもあります。

一般的に、期間が長くなれば受講費用は高額になります。

逆に、受講期間を短くし過ぎてしまうと、カリキュラムに追いつけず、スキルが身に付かないなど、ハードルが高くなる場合もあります。

生活パターンも考慮してプログラミング学習にどれくらいの時間を費やせるのかを把握した上で、余裕のある期間で受講できるスクールや受講期間を選ぶことが大切です。

スクールの料金形態!

プログラミングスクールには、受講料金が「無料のスクール」と「有料のスクール」の2タイプがあります。

無料のスクール

人材紹介会社が母体となり、運営しているプログラミングスクールが一般的です。

受講料を無料で運営しているスクールは、エンジニアを育成して企業に紹介することで、企業から紹介料を受け取り運営しています。

企業側にしてみれば社内研修を行わなくても、実践で活躍できる人をスクールから紹介されるメリットがあります。

無料スクールのチェックポイント

  • 目的とするプログラミング言語やスキルが学べるかを確認。
    無料スクールでは学べるプログラミング言語が一部に限定される場合があります。
  • 紹介された企業を、自分で選択ができるかを確認。
  • 紹介された企業から内定がでても応じなかった場合の違約金について確認。
  • 受講料金が無料になる条件について確認。
    無料スクールは受講対象年齢が厳しく、20歳代がほとんどです。

代表的な無料スクール

「GEEK JOB」「プログラマカレッジ」など

スクール名称特徴・学習スキル紹介記事
GEEK JOB就職支援に重点を置いた学習カリキュラム
Ruby/Java/etc
記事を見る

※ 全てのコースが無料ではありません。

有料のスクール(転職保証のあるスクール)

有料スクールは、目的のプログラミング言語の選択や就職先の選択など、あらゆる面で自由度が大きいのがメリットです。

有料のスクールには受講者がプログラマー転職を希望しても、万が一転職できなかった場合に受講料が返金される転職保証のあるスクールがあるのでチェックしておきましょう。

代表的なプログラマー転職に失敗したら全額返金されるスクール

テックアカデミー「未経験からエンジニアを目指すエンジニア転職保証コース

DMM WEB CAMP「転職保証付きプログラミングスクール DMM WEBCAMP COMMIT

受講料金は適正か!

受講料金はスクールやコースによって十数万円~百万円を超える場合があるなど、幅があるので事前によく調べることが大切です。

  • 受講料金があなたの予算内に収まるかの確認。
    ※ 受講料金は入学金などを含めた総額を確認すること。
  • 高額な受講料金を無理をしないで支払いができる方法の検討、スクールによっては分割払が可能なところもあります。
  • 受講料の支払い方法に加えて、転職・就職に失敗してしまった場合も想定して転職保証などのあるスクールの選択技もあります。

卒業生の就職実績はどうか!

目指す就職先について、今までの実績などを確認するのも大切です。

また、就職先の企業形態などの比率も参考になります。

(例)自社開発企業:20% 受託企業:30% SES企業:50% など

就職先の企業形態の比率などをHPなどで公開しているスクールは少ないので、各スクールの「無料カウンセリング」などで最近の実績を確認することも大切です。

IT関連企業の企業形態

IT関連企業は概ね次の3パターンになります。

自社開発企業

自社開発企業は自社のサービスを開発して利益を得ており、社員は自社内で自社のサービス開発に従事します。

受託企業

受託企業は他社のサービス開発を請け負って利益を得ており、社員は自社内で他社のサービス開発に従事します。

ここで大切なのは、受託サービス開発の請負が高次かどうかの見極めが大切です。

SES企業

SES企業は他社に人材を派遣し、労働力を提供して利益を得ており、社員は他社に常駐して他社のサービス開発に従事します。

また、業務が他社のインフラ保守などの場合もあります。

国の給付制度が利用できるか!

プログラミングスクールで学習するのに気になるのが高額な受講料金ではないでしょうか。

スクールによっては国が支援を打ち出している給付金を利用できる講座があります。

ここでは、次の2つの給付制度を紹介します。

一般教育訓練給付制度

「一般教育訓練給付制度」の認定講座は給付条件を満たす方に受講費用の最大20%(上限10万円)が国から給付を受けられます。

「一般教育訓練給付制度」認定講座

ヒューマンアカデミーの「Webデザイナー総合コース」など

専門実践教育訓練給付制度

「専門実践教育訓練給付制度」の認定講座は受給条件を満たす方に受講費用の最大70%(上限56万円)が国から給付を受けられる制度です。

給付条件

  • 現在、在籍中または離職後1年以内などの条件を満たしている人。
  • スクールの受講開始までに通算2年以上の雇用保険に加入している人。

給付条件の詳細や、ご自身が給付条件を満たしているかについては、お近くのハローワークに問い合わせて下さい。

「専門実践教育訓練給付制度」の主な指定講座

給付対象は対象スクールの指定講座(コース)のみになります。

※パソコンでは下部の横スクロールバーでスクロールできます。

スクール名称対象講座(コース)紹介記事
AIジョブカレ機械学習講座とディープラーニング講座の
両方を受講終了することが条件
作成中
DMM WEBCAMP COMMIT専門技術コース記事を見る
DIVE INTO CODE就職達成プログラム
機械学習エンジニアコース
記事を見る
Aidemy premium planAIアプリ開発講座
データ分析講座
自然言語処理講座
記事を見る
データミックスデータサイエンティスト育成コース記事を見る
テックアカデミーエンジニア転職保証コース
データサイエンスコース
記事を見る
テックキャンプエンジニア転職記事を見る

無料カウンセリングなどへの参加!

ほとんどのプログラミングスクールでは、スキルアップや転職を検討している方に向けて、「無料カウンセリング」や「無料説明会」が実施されています。

「無料カウンセリング」では各スクールについての説明はもちろん、未経験からITエンジニアとしてキャリアチェンジする方法などについて説明を受けられます。

自分では見えなかった「気づき」があるかもしれません。

自分に合った学習方法を具体的にイメージするためにも、参加する価値はあります。

無料カウンセリングに参加するメリット

  • プログラミング言語の選定や進路について相談ができる
    「無料カウンセリング」や「無料説明会」では、自分の目指す目標に合った言語の選び方や、卒業後の進路につて相談ができます。
  • スクールへの疑問を直接確かめることができる
    「無料カウンセリング」や「無料説明会」では、疑問に思っていることをスクールに直接聞ける良い機会です。
  • 自分の思っている疑問や不安を解消できる
    スクールが自分に合っているかを自分自身の肌で感じ、見極めることができます。
  • 評判の良いスクールが、あなたに合うかは別物
    実際にスクールの講師やカウンセラーから話しを聞くことで見えてくものがあります。
    スクールの雰囲気や自身との相性を見極めることができる良い機会です。
  • IT業界のことが見えてくる
    プログラミングスクールを受講する方の大半が、IT業界のことは、ほとんど知らないのではないでしょうか。
    IT業界を知るためにも「無料カウンセリング」や「無料説明会」は良い機会になります。

まとめ

いかがでしたか。

ITエンジニアは人気の高い職種でもあり、今がITエンジニアとしての転職や就職には最適なタイミングではないでしょうか。

そんな中、プログラミングスクールで学ぼうと思っても「どのスクールが良いのか?」と迷っている方に向け、プログラミングスクールの選び方について紹介しました。

ネット上の評判や口コミも参考になりますが、多くのプログラミングスクールで「無料体験会」や「無料カウンセリング」が実施されております。

自分に合った学習方法を具体的にイメージするためにも参加してみませんか。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント