プログラミングスクールで利用できる国の給付金・助成金

プログラミングスクール

プログラミングスクールの講座には厚生労働大臣の指定を受けて給付金を受給できる講座があるのをご存じですか?

厚生労働大臣の指定を受けた講座を受講して修了した場合、一定の条件を満たした方に給付金が支払われる制度があります。

未経験者がプログラマーを目指してプログラミングスクールの受講を検討する中で、気になるのが高額な受講料ではないでしょうか。

そこで紹介するのが国が支援する給付金を活用してプログラミングスクールを受講する方法です。

国の教育訓練給付制度には次の3つの種類があります。

  • 一般教育訓練給付金(受講料の20%・給付金の上限10万円)
  • 特定一般教育訓練給付金(受講料の40%・給付金の上限20万円)
  • 専門実践教育訓練給付金(受講料の最大70%・給付金の上限56万円)

この記事では「一般教育訓練給付金」の紹介と受給方法について解説します。

なお、給付額の高額な「専門実践教育訓練給付金」については、別記事で紹介してますのでリンクをこの記事の後半に貼りましたので参考にして下さい。

一般教育訓練給付制度とは

一般教育訓練給付制度は、対象の講座を受講して受講修了時点までに、実際に支払った学費の20%(最大10万円)が給付される制度です。

分割払いの場合でも、受講修了前に所定の支払額を前倒しして、全額支払いが済んでいる場合には、実際に支払った学費の20%(最大10万円)が給付されます。

また、一般教育訓練給付制度の対象講座は、プログラミング講座以外にも色々な講座があります。

支給対象者

受講開始日現在で雇用保険の支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、1年以上)あること。

受講開始日時点で被保険者(※1)でない方は、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間の延長が行われた場合は最大20年以内)であること。

※1 被保険者とは、一般被保険者及び高年齢被保険者をいいます。

前回の教育訓練給付金受給から3年以上経過しているなど一定の要件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に支給されます。

※平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合はこの取扱は適用されません。

参照先:厚生労働省

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html>

※この記事は厚生労働省の教育訓練給付制度HPを分かり易く要約したものです。

支給条件

支給要件期間とは、受講開始日までの間に同一の事業主の適用事業に引き続いて被保険者等として雇用された期間をいいます。

被保険者資格を取得する前に、他の事業所等に雇用されるなどで被保険者等であった期間も通算しますが、被保険者資格の空白期間が1年を超える場合は、その前の期間は通算されません。

また、過去に教育訓練給付金を受給したことがある場合、その時の受講開始日より前の被保険者等であった期間は通算しません。

参照先:厚生労働省

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html>

※この記事は厚生労働省の教育訓練給付制度HPを分かり易く要約したものです。

支給額

教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額となります。

ただし、その額が10万円を超える場合は10万円とし、4千円を超えない場合は支給されません。

※受講開始日前1年以内にキャリアコンサルタント(職業能力開発促進法第30条の3に規定するキャリアコンサルタント)が行うキャリアコンサルティングを受けた場合は、その費用を、教育訓練経費に加えることができます。

ただし、その額が2万円を超える場合の教育訓練経費とできる額は2万円までとします。

平成29年1月1日以降にキャリアコンサルティングを受講した場合に限ります。

参照先:厚生労働省

<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html>

※この記事は厚生労働省の教育訓練給付制度HPを分かり易く要約したものです。

尚、一般教育訓練給付金の受給に関する詳細は、お近くのハローワークにお問い合わせ下さい。

教育訓練給付制度
教育訓練給付制度について紹介しています。

 

一般教育訓練給付金制度の対象スクール

一般教育訓練給付金制度の認定を受けた代表的なスクールを紹介します。

ヒューマンアカデミー

認定講座

  • Web デザイナー総合コース
  • Webデザイナーコース

 

 

ヒューマンアカデミー のプログラミング講座|評判・口コミとメリット
ヒューマンアカデミー|プログラミング講座は、多彩なコースがあるプログラミングスクールです。この記事では評判やITエンジニア講座・Webデザイン講座などの受講コースについて、未経験からITエンジニアを目指したい方に分かり易く紹介します。

 

KENスクール

認定講座

  • Web実践就転職総合コース
  • Web実践キャリア就転職総合コース
  • Javaプログラマー養成コース
  • Android&Javaエンジニア就転職総合コース
  • Access VBA Standardライセンスパック

 

一般教育訓練給付金制度|パソコン教室・ITスクールの【KENスクール】
一般教育訓練給付金制度の案内ページになり...

 

インターネットアカデミー

認定講座

  • Webデザイナー検定コース+作品制作講座
  • プログラマーコース
  • Webデザイナー転身コース
  • UIデザイナーコース+Illustrator講座
  • プログラマー入門コース+PHP講座
  • Webデザイナーコース+作品制作講座+PHP講座
  • Webデザイナー検定コース+作品制作講座+Webマーケティング講座
  • Web担当者コース
  • Webデザイナーコース+JavaScript講座
  • プログラマー入門コース+PHP講座+Java講座
  • プログラマー入門コース+Photoshop講座+Webマーケティング講座
  • Webデザイナー検定コース+作品制作講座+JavaScript講座
  • (旧)Webデザイナー総合コース+Webクリエイター能力認定試験対策講座
  • (旧)Webディベロッパーコース+Webマーケティング講座
  • (旧)Webディベロッパーコース+Webクリエイター能力認定試験対策講座

 

教育訓練給付制度 - Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー
教育訓練給付制度について。雇用保険の被保険者期間が1年以上の場合年齢に関係なく受講料の上限20%、最高10万円が国から給付される制度です。Webデザインを学びたい方やWebデザイナーを目指す方に多く利用されています。

 

Winスクール

認定講座

  • WEBデザイナーPlus
  • WEBクリエーター
  • WEBマスター
  • WEBデザイナープロ
  • WEBプログラミングマスター
  • WEB 映像 スペシャリスト

 

教育訓練給付対象コース一覧|パソコンスクールWin
教育訓練給付対象コース一覧のページです。こだわりの個人レッスンと仕事に強いカリキュラムで実践スキルを習得。年間1,484社の研修実績。北海道から鹿児島まで全国展開のWinスクールは、CAD、WEB、デザイン、IT、プログラミングのプロを育成します。

 

ISAスクール

認定講座

  • WEBデザイナーProコース(HTML5)
  • WEBデザイナー+PHPプログラマー養成コース
  • WEB・DTPデザイナースペシャリストコース
  • Java認定資格取得コース
  • Javaプログラマ養成コース
  • Javaサーバーエンジニア養成コース

 

ISAの教育訓練給付金制度
パソコン教室ISAの教育訓練給付制度でWeb・DTP、Officeエクセル講座、MOS資格取得などの講座の受講料が20%戻ります。教室は駅のそば・自由予約制で通えてパソコン資格も取得できます。

 

日本プログラミングスクール

認定講座

  • C言語入門
  • C言語マスター
  • Java入門
  • Javaマスター
  • C#入門
  • C#中級
  • C#上級

 

教育訓練給付金|日本プログラミングスクール
アルゴリズム重視のカリキュラムでプログラミングの基礎を叩き込む、プログラマ養成専門学校。日本プログラミングスクール

 

まとめ

いかがでしたか。

プログラミングスクールの受講には受講料が高額なため、なかなか踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

雇用保険への加入状況等の一定の条件はありますが、これからプログラミングスクールで受講を計画している方は、活用を検討されることをおすすめいたします。

 

国の給付金・助成金が利用できるプログラミングスクール8選
プログラミングスクールの受講で利用できる国の給付制度に専門実践教育訓練給付金があります。一定の条件を満たした方が支払った学費のうち70%(最大56万円)が給付される制度です。この記事では、専門実践教育訓練給付金の紹介と受給方法を詳しく解説します。

コメント